2015年6月に読んだ本
2015年6月に読んだ本は15冊。
意識的に本を読もうと思っていたことに加え、飛行機での移動なんかもあったりして、比較的多くの本を読むことができたんじゃないかと思う。

テリー伊藤さんの『長嶋茂雄を思うと・・・』は、なんだかジワリとくる一冊。
それと20年ぶりに読んだ『走れ!タカハシ』も最高だった。

本棚のスペースには限りがあり、定期的に一軍昇格(本棚入り)する本があると、引退する本もあるわけだが、一軍本を以後、再び手にすることは意外と少ない(積ん読本が多すぎることもあるのだが・・・)。
今後は、月に1冊くらいは、本棚の一軍本を読み直してもいいように思えた。

2015年6月の読書メーター
読んだ本の数:15冊
読んだページ数:3397ページ
ナイス数:158ナイス


マツ☆キヨ
マツ☆キヨ感想
マイノリティの代表者の立場でのマツコ、そして破天荒な思考が光る池田先生との対談。震災直後だけに、震災に関する考え方はなかなか興味深い。たまたま今日TVで政治家になってほしい芸能人という一般人へのアンケートで、マツコが1位だった。本書を読むと、そんな意見にも納得できてしまう。
読了日:6月3日 著者:マツコ・デラックス,池田清彦

長嶋茂雄を思うと、涙が出てくるのはなぜだろう (ポプラ新書)
長嶋茂雄を思うと、涙が出てくるのはなぜだろう (ポプラ新書)感想
なんといってもタイトルが言い得て妙。そんな気持ちに、多くの人たちがなっているはずである。本書では、テリーさんの長嶋愛が炸裂する。「長嶋は太陽である」という定義は、紛れもない事実だろう。偶然ではあるが、先日、近所の神社でミスターに遭遇した。そのとき感じたのは、まさに「長嶋は太陽である」だ。病気の後遺症は確かにあったわけだが、そこにいたのは、いつでも満面の笑みをたたえ、ファンを誰よりも大事にするエンターテイナー、長嶋茂雄そのものだった。そんなこともあって、テリーさんには共感。あっという間に読み終えてしまった。
読了日:6月6日 著者:テリー伊藤

魏志痴人伝 (MF文庫ダ・ヴィンチ)
魏志痴人伝 (MF文庫ダ・ヴィンチ)感想
古田新太さんによる、人物評伝連載をまとめたもの。そこに登場するのは、痴人であり、変人であり、奇人ばかり。有名人ではなく、新太さんの身の回りにいる人たちばかりなのだが、これがまたなんとも憎めない人ばかりである。気軽に、そしてクスリと笑いながら、一気に読むことができた。
読了日:6月6日 著者:古田新太

きみはポラリス (新潮文庫)
きみはポラリス (新潮文庫)感想
まほろシリーズで興味を持った三浦しをんさん。本書は、一応は恋愛をテーマにした短編集である。各編とも登場人物に味わいがあり、いずれもほんわかとした読後感に満たされる。自分の身につまされるような作品もあり、非常に楽しめた。この作家、すっかりお気に入りの一人になりそうだ。
読了日:6月9日 著者:三浦しをん

ニッポン異国紀行―在日外国人のカネ・性愛・死 (NHK出版新書 368)
ニッポン異国紀行―在日外国人のカネ・性愛・死 (NHK出版新書 368)感想
前々から読みたいとは思っていたものの、テーマが重く、なかなか手に取れなかった石井光太さんの作品、初読である。本書では、日本で暮らすさまざまな外国人、とくにアジア系など、「不法入国者」が多く登場する。そういった人たちは、さまざまな理由で日本にやってきて、また、日本でたくましく暮らしているわけだが、彼らの生活の裏の部分について、自分自身は知らないことばかりであった。例えば 宗教が違うと火葬もできず、飛行機で自国に送られているケースが多数というのはびっくり。そんな感じのびっくりの数々は、非常に勉強になった。
読了日:6月14日 著者:石井光太

猪木語録 元気ですか!一日一叫び!
猪木語録 元気ですか!一日一叫び!感想
この道を行けば、どうなるものか。危ぶむことなかれ。危ぶめば道はなし───数々の名言を残してきたアントニオ猪木。本書では、日めくりカレンダーの要領で、毎日、猪木の言葉が紹介され、猪木の生き方を解説してくれる。365日分、どの言葉も猪木ファンにとっては、すべて記憶に残っている言葉であり、まさに「格言」だといっていい。スーパースターは言葉も光るものがあり、また、猪木は意識的に、十分すぎるほど練りに練って言葉を発したのだろう。やっぱり猪木はすばらしい!
読了日:6月16日 著者:アントニオ猪木

夏の庭―The Friends (新潮文庫)
夏の庭―The Friends (新潮文庫)感想
ヨメの書庫から抜いた本。帯には「友人・知人、すべての人にプレゼントしたい本:読者アンケート第3位!」とあるが、読み終えたあとには、たしかにそんなふうに思えた。主人公の小学生3人と赤の他人との交流を描いたストーリー。笑いと涙、そしてちょっぴりのほろ苦さ・・・物語の終わりには、また一つ成長する少年たち。ドストライクの少年もの、定番ストーリーだが、丁寧な描写は女性ならではと思えた。女性作家ならではのやさしさが垣間見えたといおうか。著者の湯本香樹実さんの作品を、ほかにも是非読んでみたいと思う。
読了日:6月18日 著者:湯本香樹実

菊次郎とさき
菊次郎とさき感想
一気読み。たけしが父と母の思い出を回想するストーリー。20世紀の天才を生んだのは、いかにも人情深い下町の父と母。ぶっきらぼうでありながら、愛情たっぷりの、そんな憎めない人たちである。特に母さきさんに対するたけしの思いは、なんだか人ごととは思えず、ジンとくるものがあった。結局、男は母親の手のひらのなかで転がされているだけ的な。ずいぶん昔にドラマにもなった『たけしくん、ハイ!』を思い出し、久しぶりに見たいなと思った。
読了日:6月19日 著者:ビートたけし

若虎よ!  (角川oneテーマ21)
若虎よ! (角川oneテーマ21)感想
特命コーチ(DC)として、背番号こそないものの現場復帰したミスタータイガースからの提言。プライベートであれこれ金銭トラブルがあったりといった影響か、いまだ監督・コーチ経験のないミスタータイガース。縦縞への熱い思いが、言葉の節々から伝わってくる。長いことネット裏から野球を見てきたからこそ、幅広い視野と考え方を身に着けたと痛感。今こそ監督として、生涯のライバルである江川氏とともに、グランドに戻ってきてほしいと願う。
読了日:6月21日 著者:掛布雅之

プロレス 覆面レスラーの正体
プロレス 覆面レスラーの正体感想
一気読み。マスクマンという、なにかファンタジーすら感じさせる世界。正体はいったい誰なのか・・・インターネットもない時代、俺たちはいつもそこに胸を膨らませてきた。本書では、日本マットに縁の深いマスクマンを一挙紹介。タイガーマスク(初代)はともかく、コブラ、マスカラス、カネックなど、懐かしい顔ぶれがたまらなかなった。
読了日:6月21日 著者:マーヴェリック

悪童殿下 怒って愛して闘って 寛仁親王の波乱万丈
悪童殿下 怒って愛して闘って 寛仁親王の波乱万丈感想
「皇族はストレスの塊」など数々の放言、アルコール依存性の喫煙家・・・とても皇族とは思えない破天荒な振る舞いに、以前からなぜか親近感を持っていた三笠宮寛仁殿下。本書は、彼が薨去されたあとに記された評伝である。著者の工藤美代子氏は『悪名の棺』を面白く読ませてもらったこともあって期待大だったが、殿下とは、長く交流があったと知って驚いた。それだけに、評伝というよりは、殿下の「生の声」が多々記されている。なんとまあ、魅力的であったのかと。皇室にしておくのがもったいない(あるいは皇室に必要不可欠な)人物だと感じた。
読了日:6月22日 著者:工藤美代子

生きる悪知恵 正しくないけど役に立つ60のヒント (文春新書 868)
生きる悪知恵 正しくないけど役に立つ60のヒント (文春新書 868)感想
サイバラさんの著書は初。この手の、世捨て人系コメンテーターは多いが、岩井志麻子、中村うさぎらとは、一線を隠す人物だと思った。週刊誌に連載中の人生相談が収載された本書だが、その返答を読むにつれ、どこかやさしさというか、心穏やかなコメントがキラリと光る。肩肘はらず、常人ぽいところがいいんですよね。軽く読めるし、それでいて質問者も自分と大して変わらない平凡な人ばかり。このシリーズは、もう少し読んでみたいなと感じた次第。
読了日:6月24日 著者:西原理恵子

監督の器 (イースト新書)
監督の器 (イースト新書)感想
ノムさん本は多々読んできたが、同じことの繰り返しであることも多く、少し食傷気味になっていたのだが・・・。本書については、久しぶりに面白く読めた。弱者ならではの兵法、あるいは「一流が一流を育てる」といった記載は、見るべきものがある。稲尾との良きライバル関係の話は、読んでいてビリビリ来るものがありました。それと、監督はもういいが、GMは一度やってみたいという発言は、当方は初めて聞いた一言。実現したら、非常に楽しみである。
読了日:6月27日 著者:野村克也

走れ,タカハシ! (講談社文庫)
走れ,タカハシ! (講談社文庫)感想
約20年ぶりの再読。書庫から引っ張り出してきた。初期の村上龍が手がけたこの短編集。さまざまな作品群の中でも、本書は異色といっていい。カープ、往年の名選手、高橋慶彦をめぐって、それぞれのストーリーが展開する。誰よりも美しく、誰よりもカッコイイ野球選手であるという著者の思いは、ワタシ自身も同感だ。「走れ!タカハシ」という言葉が、それぞれのストーリーにおいて、重要な役割を果たす。この人の作品には珍しく、読んだ後のスカッとした爽快感がたまらない。何度でも読みたくなる、名作だとワタシは思う。
読了日:6月30日 著者:村上龍

スポーツのできる子どもは勉強もできる (幻冬舎新書)
スポーツのできる子どもは勉強もできる (幻冬舎新書)感想
ワタシは親バカだ──ゼロ歳児を持つ親バカが、手にとったのがこの本だ。本書で驚いた事例は、何と言っても、キャッチボールすらできない東大生だ。現代のスポーツは、頭がよくなくてはできない。だからこそ、スポーツをやらせるべきであり、スポーツが脳を鍛える。至極納得した一冊であった。
読了日:6月30日 著者:長田渚左,深代千之

読書メーター

[PR]
by anken99 | 2015-07-01 18:57 | 読書 | Comments(0)

A氏的・日々の感想文
by anken99
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログパーツ
最新のコメント
onizumaさま→ ..
by anken99 at 13:36
こんばんは~。 い..
by onizuma at 19:56
Bさま ⇒ デーブさ..
by anken99 at 18:13
onizumaさま ⇒..
by anken99 at 18:12
(*^ω^*)ノシ{美味..
by B at 15:40
こんにちは。 でーぶっ..
by onizuma at 13:32
onizumaさま⇒ ..
by anken99 at 17:23
こんにちは。 西原理恵..
by onizuma at 12:40
B氏→ おつかれさまで..
by anken99 at 14:10
(^ワ^)ノシ{A氏、お..
by B at 09:06
フォロー中のブログ
おいしいたのしい毎日
毎日飲兵衛
マイリンク
Parkeesさんの読書メーター Parkeesさんの鑑賞メーター
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
検索
ファン
ブログジャンル
日々の出来事
40代