2016年3月に読んだ本
2016年3月に読んだ本は12冊。
まあ、ボチボチといったところ。
上旬に海外出張があり、そこで何冊かまとめて読めた。

落合博満氏が引退後すぐに著した『コーチング』は、その後の現実を思い返してみても、氏の鋭さに感嘆するばかり。
監督としての成功ももちろんだが、今もってブレていない、氏の考え方にはさすがと思わせられるばかり。

あとは『MEKURU』。
キョンキョン特集だが、雑誌とは思えないほどのボリュームと内容の濃さに大満足。
児玉清さんの名著『負けるのは美しく』はズシズシと心に響いてくるものがあったし、たまに読む湊かなえさん作品も良かった。

2016年3月の読書メーター
読んだ本の数:12冊
読んだページ数:2400ページ
ナイス数:119ナイス


野球道 (ちくま新書)
野球道 (ちくま新書)感想
かつてのKKの相方がこのような状況にあるなか、もう一方のKの著作を手に取る。野球研究の世界の大家との鼎談は、なんとも奥深い。早稲田大学大学院の論文が評価され首席で卒業しただけあって、こちらのKの知識、そして独特の野球感に次第に引き込まれていく。巨人軍は高橋が監督になってしまったが、やはりアマチュア野球を含めてグローバルな視野を持つKにこそ、監督をやってもらい、新しい時代の野球というものを見てみたい。
読了日:3月1日 著者:桑田真澄,佐山和夫

真相 ディープインパクト、デビューから引退まで今だから言えること (競馬王新書9)
真相 ディープインパクト、デビューから引退まで今だから言えること (競馬王新書9)感想
誰もが認める史上最強馬ディープインパクト。その彼の一番そばにいた男、池江敏行調教助手が語るディープインパクト物語。かえすがえすも凱旋門賞は残念極まりないが、すでに大活躍中のディープインパクトの子供たちが、必ずや無念を晴らしてくれるであろう。
読了日:3月4日 著者:池江敏行

贖罪 (双葉文庫)
贖罪 (双葉文庫)感想
海外出張ということで、ある程度の時間ができ、一気に世界に入れることを見越して持参。そして正解。ある陰惨な事件をきっかけに起きた“罪の連鎖”が淡々と描かれるのは、まさに湊ワールド。やはり面白い。救いがあったような、救いがなかったような、そのあたりは読者自身が判断することなのだろう。他の作品も読んでいきたくなった。
読了日:3月10日 著者:湊かなえ

ジョーカー・ゲーム (角川文庫)
ジョーカー・ゲーム (角川文庫)感想
スパイもの、というジャンルは全くの門外漢。人からもらって放置していたが、旅のお供に連れて行った次第。舞台は戦時中。しかも軍隊内の話。それだけでも読みにくそうな感があるが、短編仕立てで上手にまとめている。冷徹極まりない主人公たちのエピソードななかに、どこか人間味を感じて面白く読めた。
読了日:3月13日 著者:柳広司

負けるのは美しく (集英社文庫)
負けるのは美しく (集英社文庫)感想
水道橋博士の著作で、その名を知った本作。児玉さんというのは、こんな素敵な人だったのだということを、節々から知った。世に星の数ほど芸能人本はあふれているが、本作に関しては、間違いなく本人が書いたものだと思われる。人となり、男の優しさ、あるいは生き方が、しっかりと伝わる良い作品だった。後半、娘さんの死にまつわる記述は、涙を押さえずにはいられない。家族を大切にした方だということが伝わってきた。
読了日:3月14日 著者:児玉清

コーチング―言葉と信念の魔術
コーチング―言葉と信念の魔術感想
名著である。発行は2001年。近年、ドラゴンズ監督勇退後に出された『采配』もよかったが、本書はその監督就任以前に出された本だ。落合のコーチング論、いや、人生論は、まったくぶれていないことをまざまざと見せつけられる。俺流、あるいは自己中心的とも捉えられがちだが、その実は、あくまでも真面目であり、基本に忠実。ビジネス書としても評価が高いことがうなずける一冊だ。
読了日:3月16日 著者:落合博満

2016 プロ野球オール写真選手名鑑 (NSK MOOK)
2016 プロ野球オール写真選手名鑑 (NSK MOOK)感想
開幕前に今年もしっかり予習を完了。名鑑はいろいろ出ていますが、見やすく、情報満載のこの名鑑を今年もしっかり活用していきます。
読了日:3月19日 著者:

最初のオトコはたたき台
最初のオトコはたたき台感想
今をときめく(?)文春に連載されているコラムをまとめたもの。トイレにおいて、ちょこちょこと読み進めていったが、なかなか面白く読めた。近年の再ブレイク以降、かつての嫌な女感は薄れ、気のいいオバサンといった印象も強いが、親近感を持って読める読み口であった。要所要所に登場する旦那さんが、なんとも味わい深い人間であることをうかがわせる。
読了日:3月20日 著者:林真理子

渡辺恒雄の虚像と実像 (別冊宝島)
渡辺恒雄の虚像と実像 (別冊宝島)感想
稀代の悪党のイメージが強いナベツネ。しかし、その実、一介の記者から成り上がった実力と処世術は、やはり見逃せない。好き嫌いはあれども、人間臭さ満点のナベツネを知るには最適の一冊。批判と称賛のバランスが絶妙だ。
読了日:3月24日 著者:蝶々

ハリウッド・セレブ (学研新書)
ハリウッド・セレブ (学研新書)感想
発行から少し年が経ってしまっているものの、今日における「ハリウッド・セレブ」に関するあれこれが、実によく理解できる一冊。なんやかんやいっても、結局はみなゴシップ好き。そのゴシップすら肥やしにしてしまうあたりは、さすがハリウッド・セレブといおうか。スケールが大きな話だ。スターたるもの、ゴシップの一つや二つどうってことないし、破天荒な生き方や振る舞いができるのも、スターの才能といっていいのかもしれない。面白く読めた。
読了日:3月25日 著者:千歳香奈子

MEKURU VOL.07 (小泉今日子)
MEKURU VOL.07 (小泉今日子)感想
キョンキョン、奇跡の大特集とあって即買いしたが、存分に楽しませてもらった。自宅での撮影も含めてインタビューは最高。写真で知ったが、中南海、喫ってんだな。関係者のインタビュー、寄稿も、いずれも内容が濃い。大満足です。
読了日:3月27日 著者:ギャンビットパブリッシング

昭和40年男 2016年 02 月号 [雑誌]
昭和40年男 2016年 02 月号 [雑誌]感想
特集は、タイガーマスク。昭和40年男ならぬ「昭和47年男」のワタシだが、子供の頃の思い出が存分によみがえり、非常に楽しめた。原作の魅力もさることながら、やはりなんといっても、初代タイガーマスクはあまりにも鮮烈だった。佐山サトルのインタビューもよかったし、そのライバル、虎ハンター小林邦昭のインタビューも最高だった。特集以外の記事では、UWFの物語、あとは日産シルビアを巡る話も面白かった。
読了日:3月28日 著者:

読書メーター

[PR]
by anken99 | 2016-04-01 11:09 | 読書 | Comments(2)
Commented by at 2016-04-09 09:06 x
(^ワ^)ノシ{A氏、おはよう。いつもすごい冊数を読んでいますな¶ワタシは雑誌ばかりなり。海外出張、何処に行ってきたの?
Commented by anken99 at 2016-04-13 14:10
B氏→
おつかれさまです。
海外は、台湾の高雄でした。
メシがうまし!

A氏的・日々の感想文
by anken99
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログパーツ
最新のコメント
onizumaさま→ ..
by anken99 at 13:36
こんばんは~。 い..
by onizuma at 19:56
Bさま ⇒ デーブさ..
by anken99 at 18:13
onizumaさま ⇒..
by anken99 at 18:12
(*^ω^*)ノシ{美味..
by B at 15:40
こんにちは。 でーぶっ..
by onizuma at 13:32
onizumaさま⇒ ..
by anken99 at 17:23
こんにちは。 西原理恵..
by onizuma at 12:40
B氏→ おつかれさまで..
by anken99 at 14:10
(^ワ^)ノシ{A氏、お..
by B at 09:06
フォロー中のブログ
おいしいたのしい毎日
毎日飲兵衛
マイリンク
Parkeesさんの読書メーター Parkeesさんの鑑賞メーター
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
検索
ファン
ブログジャンル
日々の出来事
40代