2016年4月に読んだ本
2016年4月に読んだ本は13冊。
電車での長時間移動を伴う出張が多かったせいか、ことのほか数はこなすことができた。

まずは高橋慶彦の『赤き哲学』は、ようやく手にしたわけだが、期待通りの内容。
『ようこそ、わが家へ』『悪人』といった、実写化された作品の原作も良かった。
そして、『漁港の肉子ちゃん』は初めて読む西加奈子作品だったが、さすが話題の作家だけあって、非常に面白かった。
そして、我那覇選手のドーピング冤罪問題を取り上げた『争うは本位ならねど』は、異色のスポーツノンフクション作品だが、実に完成度高し!
読み応えある、まさに「力作」であった。

2016年4月の読書メーター
読んだ本の数:13冊
読んだページ数:3419ページ
ナイス数:138ナイス


カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生
カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生感想
サクッと瞬時に読了。サブカル感たっぷりの登場人物たちに、なぜだかニンマリ。
読了日:4月3日 著者:渋谷直角

赤き哲学
赤き哲学感想
最高です。ワタシが初めて好きになった選手であり、今なお愛してやまない野球人、高橋慶彦の著書。ともすれば、誤解も数多く受けてきた野球人生だが、いまの語り口は優しさと野球愛にあふれている。西岡、今江ら、愛ある指導で多くの野球人を育成し、指導者としての実績もゆるぎなくなっているヨシヒコ。オリックスのコーチに就任したが、俺たちは赤いユニホームを着た指揮官の姿が見たいんだ!
読了日:4月5日 著者:高橋慶彦

ようこそ、わが家へ (小学館文庫)
ようこそ、わが家へ (小学館文庫)感想
出張で時間があるときに、やはり池井戸作品は最高!結局、一夜目にして読了。本作は、池井戸作品には珍しく、社内の悪に加えて、日常生活におけるモンスターとの戦いが同時進行。そして、おそらく池井戸作品史上もっとも弱い主人公が、勇敢に立ち向かっていく。当然ながら、勧善懲悪パターンは定番だが、そこはやっぱり気分が高揚してしまう。
読了日:4月7日 著者:池井戸潤

悪人(上) (朝日文庫)
悪人(上) (朝日文庫)感想
上下巻一気読み。淡々と進むストーリー。平凡な日常と、誰にでも起こりうるとてつもない変化。映画未見だが、いつの間にか物語の世界に完全に入り込んでしまった。結末が物悲しい。
読了日:4月8日 著者:吉田修一

悪人(下) (朝日文庫)
悪人(下) (朝日文庫)感想
上下巻一気読み。
読了日:4月8日 著者:吉田修一

松井秀喜がダメ監督にならないための55の教え (oneテーマ21)
松井秀喜がダメ監督にならないための55の教え (oneテーマ21)感想
テリーのあふれる松井愛、いや長島愛が炸裂!私は松井ファンではなく、あくまでも長島ファンなのだが、読後にはすっかり松井ファンになってしまった。この本が出た後に、由伸が先に監督になったわけだが、その後に湧いて出た不祥事の数々を思えば、松井はまだ監督にならなくて良かったとも思える。
読了日:4月9日 著者:テリー伊藤

スナックさいばら おんなのけものみち    七転び八転び篇
スナックさいばら おんなのけものみち 七転び八転び篇感想
久しぶりの、スナックさいばら。本作では、女の出産、女の子育てに関するトークがあり、1歳児子育て中の身としては、実に身近な感覚で読むことができた。それにしても、投稿を読むにつれ、世の中には愛すべき人々がたくさんいるんだなと、強く感じてやまない。
読了日:4月11日 著者:西原理恵子

カープ“投手王国"再建へ (宝島社新書)
カープ“投手王国"再建へ (宝島社新書)感想
またまた一気読み。2013年の著作ながら、面白く読める一冊。無名高校から、さらに無名の出雲市信用組合という、超マイナー社会人チームでサラリーマン生活を送り、テスト入団から殿堂入りするまで成功した大野の言葉は含蓄深い。思えばあの頃の巨人広島戦は熱かった。北別府、大野、川口に対し、斎藤、槇原、桑田。熱かったあの頃の記憶が蘇る。入団当初、薫陶を受けた恩師が江夏だという事実は、この本を読んで初めて知った。
読了日:4月11日 著者:大野豊

励まされたいときのスヌーピー(祥伝社新書)
励まされたいときのスヌーピー(祥伝社新書)感想
チマチマと読了。アメリカンジョークというか、登場人物は子供しかいないのに、大人に読ませる4コママンガの世界は奥深い。絵が、さすがにGOOD。
読了日:4月16日 著者:チャールズM.シュルツ

漁港の肉子ちゃん (幻冬舎文庫)
漁港の肉子ちゃん (幻冬舎文庫)感想
以前より気になってはいた、この作家。初めて手にした一冊めから、いきなりファンになってしまった。ユニークな母娘?を巡る物語は、周囲に登場する人物を含めて愛情に満ち溢れている。小学生時代の、あああったなあ〜という心情描写もたまらない。本編の面白さもさることながら、あとがきを読んで、肉子ちゃん同様に涙腺が崩壊した。自分にとってはどストライクの作家、作品だ。
読了日:4月25日 著者:西加奈子

争うは本意ならねど ドーピング冤罪を晴らした我那覇和樹と彼を支えた人々の美らゴール
争うは本意ならねど ドーピング冤罪を晴らした我那覇和樹と彼を支えた人々の美らゴール感想
素晴らしい。ドーピングによる冤罪渦に巻き込まれた我那覇の、いや彼を取り巻く男たちの戦い。正義を信じ、貫くことの尊さを、身をもって教えてくれる。戦いたくもないが、真実のために立ち上がった我那覇の勇気に涙。失った時間に対する代償は大きすぎるが、まだまだ老け込む歳じゃない。ガナゴール、これからも見せていただきたい。それにしても、川淵ら協会関係者のクソぶりには吐き気を催した。
読了日:4月28日 著者:木村元彦

困ってるひと
困ってるひと感想
ちょこちょこと読んでいたが、ようやく読了。原因不明の難病にかかった女子の辛い辛い物語──のはずだが、軽妙なタッチで読ませる読ませる。我々が知ることのない難病の世界をユーモアあふれる文体で伝えてくれる。自分自身も母が難病を患っているだけに、なるほど!と気づかされることも多かった。
読了日:4月28日 著者:大野更紗

木田優夫のプロ野球選手迷鑑
木田優夫のプロ野球選手迷鑑感想
サクッと読了。木田が、似顔絵とショートコラムで、自身とゆかりの深い選手を紹介。絵のタッチは、やくみつるさんに似ている。
読了日:4月30日 著者:木田優夫

読書メーター

[PR]
by anken99 | 2016-05-02 14:45 | 読書 | Comments(2)
Commented by onizuma at 2016-05-22 12:40
こんにちは。
西原理恵子さん大好きです。結構本持ってます。←漫画(笑)

私は最近、ドラマになってる(観てないのですが。田舎で入ってる?)「火の粉」を読みました。
めっちゃ面白かったですよ。
ドラマはいつかyoutubeでみます。
Commented by anken99 at 2016-05-26 17:23
onizumaさま⇒
西原さん、人生相談モノ、かなり面白いですね!
いまも、別の本をトイレに常備し、毎日チマチマ読んでます。

A氏的・日々の感想文
by anken99
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログパーツ
最新のコメント
onizumaさま→ ..
by anken99 at 13:36
こんばんは~。 い..
by onizuma at 19:56
Bさま ⇒ デーブさ..
by anken99 at 18:13
onizumaさま ⇒..
by anken99 at 18:12
(*^ω^*)ノシ{美味..
by B at 15:40
こんにちは。 でーぶっ..
by onizuma at 13:32
onizumaさま⇒ ..
by anken99 at 17:23
こんにちは。 西原理恵..
by onizuma at 12:40
B氏→ おつかれさまで..
by anken99 at 14:10
(^ワ^)ノシ{A氏、お..
by B at 09:06
マイリンク
Parkeesさんの読書メーター Parkeesさんの鑑賞メーター
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
検索
ファン
ブログジャンル
日々の出来事
40代
画像一覧