<   2012年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧
飲酒紀行・66杯目「飛鶴」
a0029769_14252053.jpg
昨晩は金曜日ということで、帰宅後にじっくり日本酒を楽しむことにした。

ゴールデンウイークに出かけた、房総半島の山奥の酒蔵、森酒造の飛鶴
昔ながらの製法にこだわった、まさに手作りの一品だ。
しっかりとした味わいが、いかにも日本酒らしい。

訪問した日は、酒蔵LIVEという面白イベントを実施していた。
昭和のノスタルジックな雰囲気を感じ、いい気分になったことを思い出した。
[PR]
by anken99 | 2012-05-19 14:29 | | Comments(4)
2012年4月に読んだ本
少しアップが遅れたが、2012年4月に読んだ本。
今月は17冊。
病院への通院、出張などあったせいか、それなりに数はこなせたようだ。


床下仙人 (祥伝社文庫)

原 宏一 / 祥伝社

スコア:


会社での激務に、長時間の通勤。
疲れきったサラリーマンがマイホームに帰ると、床下に見知らぬ男が暮らしていた…。
表題作「床下仙人」をはじめとする短編集。
いずれも、サラリーマンの悲哀を実に上手に描き出しており、なんともいえない味わいを感じる。
書店員が絶賛したという名作だが、これは確かに面白い作品だと思う。


誰も書けなかった日本のタブー (宝島SUGOI文庫)

西岡 研介 / 宝島社

スコア:


メディアには出てこない禁忌…すなわち報道のタブーに迫った一作。
芸能、皇室、マル暴、偽装食品など、さまざまな分野の知られざる裏側に迫っている。
ここに書かれている内容を信じるか信じないかは別として、週刊誌のゴシップ感覚で読むには十分面白いといえるだろう。


これでいいのか東京都世田谷区 (地域批評シリーズ日本の特別地域 11)

マイクロマガジン社

スコア:


一念発起して自宅(中古マンション)を購入、なんやかんやで10年間住んだ船橋を後にすることになった。
東京・城南地区を中心に物件を探し、当初の予定にはまったくなかった世田谷区に移住が決定。
といっても、もちろん世田谷区のはずれではあるが。
というわけで、慌てて購入したのがこの本。
これから暮らす街について、いろいろ勉強しようと思った次第だ。
イメージとは違う、さまざまな現実が、ことこまかに紹介されていて、なかなか面白い。
町別納税額ランキングなど、ほーー!というデータもあり。
最新版が出たら、また買いたくなる1冊だった。


視聴率200%男 (光文社新書)

安達 元一 / 光文社

スコア:


ダウンタウンにナイナイ、スマップなど、人気番組の数々を手がける放送作家の作品。
手がける番組の視聴率を足すと200%を超えることから、視聴率200%男というわけである。
柔軟な発想、人とは違うものの見方など、アイデアを作るための方法が紹介されている。
業種は違っても、生かせそうな方法が満載だ。


岡本太郎 (PHP新書 617)

平野 暁臣 / PHP研究所

スコア:


岡本太郎のパートナー敏子の甥である著者が、太郎にとって金字塔ともいえる「太陽の塔」作成前後のあれこれを振り返る。
それはまさに奇想天外。
あの太陽の塔に関するエピソードや思いが多数収載されている。
本来は、万博終了後に壊されてしまう予定だった太陽の塔。
でもなぜか残ってしまい、その理由もよく分からないのだという。
人に訴えかけ、生命力を持った作品は、やはり太郎ならではということがよく分かる1冊。


そのノブは心の扉

劇団ひとり / 文藝春秋

スコア:


週刊文春に連載されている、劇団ひとりのコラム集。
小説『陰日向に咲く』も面白かったが、コラムのほうもたまらない。
その芸風同様、言葉や文章の隅々まで、考えつくされていることが伝わってくる。
軽く読めるし、フッと笑ってしまうような感じ。
やられたなあというのが、正直な感想だ。


予知夢 (文春文庫)

東野 圭吾 / 文藝春秋

スコア:


人からもらった1冊だが、当代の人気作家だけあってさすがに読ませる。
探偵ガリレオシリーズの第2弾だが、ミステリーの秀逸さは唸るほど。
作者はもともと理系の人間だったというが、それだけにトリックの作りこみもうまい。
また、残酷な感じは皆無で、どちらかというと人情味あふれるところもあってグッド。
小説はあまり読まないのだが、違う作品も読んでみたくなるほどの面白さであった。


まな板の上のマグロ (幻冬舎文庫)

下関 マグロ / 幻冬舎

スコア:


これを究極の「露出者」と呼ばずして、なんと言おうか。
著者の下関マグロ氏は、究極の突撃系ライター。
エロ雑誌に自分の電話番号と顔写真を載せてしまったり、自身の確定申告を掲載したりと、数々の破天荒な行為を繰り返し、そこからリアリティあふれる記事を作成してきた。
そんな彼のこれまでの「露出者」としての人生が、1冊に凝縮された一冊だ。
他人事だから笑って読めるが、それにしても現代社会の深淵に触れる思いであった。


KAMINOGE [かみのげ] vol.4

東邦出版

スコア:


いつのまにか月イチペースの発行となっている『KAMINOGE』の最新刊。
4号目となる今回の表紙は、菊池成孔氏だ。
リアルファイト「アウトサイダー」に参戦する放送作家・大井洋一、グレート小鹿、それに玉袋筋太郎らの変態座談会あたりは興味深いが、そのほかは少しボリュームダウンしている感が否めなかった。
次号に期待。


ザイニチ魂!―三つのルーツを感じて生きる (NHK出版新書 337)

鄭 大世 / NHK出版

スコア:


サッカー北朝鮮代表、鄭 大世の自伝。
「ザイニチ」として日本でたくましく生きてきた彼の、ポジティブシンキングには脱帽するばかり。
ヨーロッパで、さらなる活躍を期待したい。


焚火オペラの夜だった (文春文庫)

椎名 誠 / 文藝春秋

スコア:


文春の人気連載、赤マントシリーズをひさびさに手にする。
軽快なテンポは、椎名誠ワールド全快。


妻と最期の十日間 (集英社新書)

桃井 和馬 / 集英社

スコア:


フォトグラファー、桃井和馬氏が語る「妻と最後の10日間」。
ある日、何の前触れもなく、家族が倒れたら・・・。
意識も回復せず、やがて永遠の別れへ。
人間とは、常に死と隣り合わせであることを、あらためて強く感じずにはいられない。
なりふりかまわない泥臭さというか、愛情、人間くささが伝わってきて、感動を覚えた。
自分自身も毎日を大切に生きなければと思ってしまう。
そのとき、何ができるのか?それも重要だ。


プロレス下流地帯 (宝島SUGOI文庫 A へ 1-120)

別冊宝島編集部 / 宝島社

スコア:


衰退する一方のプロレス、そして格闘技・・・。
思えば、われわれが若かった頃、それは熱く胸たぎるすばらしきものだったはずだ。
迷走する昨今のプロレス裏事情を読むにつれ、なんともいえない残念な思いが去来した。


西日の当たる教室で

千原ジュニア / 双葉社

スコア:


千原ジュニアが語る、若き悩める人々へのメッセージ。
自身が引きこもりだったジュニアの言葉は、ぶっきらぼうでありながら、なんともいえない優しさにあふれている。
『14歳』とあわせて読みたい作品。


情熱大陸語録 赤熱編

新潮社

スコア:


情熱大陸の抜粋版。
といっても10年以上前の出版ではあるが。
赤熱編は、20代の若者たちをヒューチャー。
松井秀喜、村治香織、片山晋呉、徳山昌守、小野伸二、石川直樹・・・。
すでに30代後半を迎えた彼らの「今」と照らし合わせて読み進めると、それぞれの言葉に深い含蓄を感じるはずだ。


47番の投球論 (ベスト新書)

工藤 公康 / ベストセラーズ

スコア:


今年、ついに引退した工藤公康が、横浜在籍時に記した一冊。
明るい彼の性格からはなかなかうかがえない、緻密な計算と、頑固なまでの強いハートが、大いに語られている。
だからこそ、長きにわたって、プロ野球の最前線で活躍することができたのだろう。
やはり工藤には、いつか監督をぜひやってもらいたいものだ。


年齢学序説

博多 大吉 / 幻冬舎

スコア:


博多大吉の処女作。
「成功者は26歳でターニングポイントを迎える」という、独自の年齢学を展開。
芸能界、スポーツ界、歴史上の人物まで、その枠はとどまるところを知らない。
実例を見せられるたびに、ほ~!と唸ること必至。
同時に、彼の調べ魔としての努力とセンスにも、大いに感嘆した。
大吉自身の26歳を振り返る場面は、ちょっとホロリとくるものがあって泣かせる。
帯で水道橋博士が絶賛していることも納得。
[PR]
by anken99 | 2012-05-13 14:13 | 読書 | Comments(0)
連休後半
3連休のあと、中2日をはさんで4連休。
そんなゴールデンウイークも、あっという間に終わってしまった。
仕事も少ししたものの、なんか忙しかったな・・・。


a0029769_2054232.jpg
後半初日、5/3は野球観戦。
雨だったものの関係なし。
今シーズン初の楽天戦を見るべく、いざ西武ドームへ!です。
a0029769_2072239.jpg
この日は、その昔、西武ドームでアルバイトをしていたこともあるというオードリー春日が、応援団長として登場。
楽天ファンなのに、春日弁当を買ってしまう弱さといったら・・・!
ハムがピンクのベストを表しています。

試合のほうはストレスたまりまくりの惨敗でした・・・。
a0029769_20143384.jpg
と、中1日をはさんで5/5には、今度は横浜スタジアムに見参!
そう、あの日本一熱い男を応援しなければいけないからです。
当然、背番号Tシャツも即購入しましたよ。
a0029769_20155499.jpg
この日はドピーカン。
いやあ暑かった。
もちろん、ビールのみまくりです。

あの弱い横浜が、まさかの初回4得点!
投げてはピッチャーの番長が完投で、終わってみたら12-1のまさかの大勝利。
こんなことはめったにないです。
楽天ファンであり、清ファンでもあったわけですが、今度は横浜ファンにもなってしまいそうです・・・。

それにしても野球は生で見るのが一番!
ホント、楽しいです。
[PR]
by anken99 | 2012-05-07 20:19 | DIARY | Comments(0)
連休前半
a0029769_1702726.jpg
連休も半ばに差し掛かった。
今年は足の傷の治療中のため、海に入れないのが残念。
そんななか、海辺でBBQを楽しみ、釣ったシイラをもらったり。
a0029769_1714716.jpg
房総半島の酒蔵を訪ね、新酒を満喫したり。
a0029769_1721442.jpg
北京ダックを楽しみつつ、真昼間から紹興酒を飲んだりといった具合。

後半はどうなることやら。
[PR]
by anken99 | 2012-05-02 17:04 | DIARY | Comments(2)
  

A氏的・日々の感想文
by anken99
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログパーツ
最新のコメント
onizumaさま→ ..
by anken99 at 13:36
こんばんは~。 い..
by onizuma at 19:56
Bさま ⇒ デーブさ..
by anken99 at 18:13
onizumaさま ⇒..
by anken99 at 18:12
(*^ω^*)ノシ{美味..
by B at 15:40
こんにちは。 でーぶっ..
by onizuma at 13:32
onizumaさま⇒ ..
by anken99 at 17:23
こんにちは。 西原理恵..
by onizuma at 12:40
B氏→ おつかれさまで..
by anken99 at 14:10
(^ワ^)ノシ{A氏、お..
by B at 09:06
フォロー中のブログ
おいしいたのしい毎日
毎日飲兵衛
マイリンク
Parkeesさんの読書メーター Parkeesさんの鑑賞メーター
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
検索
ファン
ブログジャンル
日々の出来事
40代