<   2012年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧
男だらけのクリスマス飲み会
a0029769_14551789.jpg
クリスマス3連休は、初日は前日の忘年会のダメージを引きずり、中日は有馬記念で惨敗。
最終日は、24日なのに何の予定もない友人、後輩を自宅に集結させ、盛大に飲み会を開催した。

写真は、友人より届いたローストチキン。
「丸」はやっぱりうまい。
ありがとうございます。
アンコウ鍋、刺身、酒多数。
ある意味、かなり熱い夜であったことは間違いない。
[PR]
by anken99 | 2012-12-26 14:58 | DIARY | Comments(2)
懸賞日記Vol.34 『アメスピのひざかけ』
a0029769_16534518.jpg
ひさびさのご当選。
躍る大捜査線で、あの青島刑事も愛煙している「アメリカンスピリッツ」のひざかけです。
エスニック柄が配されたフリース地のひざ掛けで、これはなかなか重宝しそう。
というか、ヨメに渡しました。
懸賞生活、最近、成果が上がってませんが、2013年はもう少し効率を上げていきたいと思っています。
[PR]
by anken99 | 2012-12-23 16:58 | 懸賞 | Comments(0)
驚愕の糖質制限!『おやじダイエット部の奇跡』

おやじダイエット部の奇跡 「糖質制限」で平均22kg減を叩き出した中年男たちの物語

桐山 秀樹 / マガジンハウス

スコア:


先日の健康診断2時検査にて、胃カメラを初めて飲むという苦行を体験。
せっかくだからと、生活習慣病カウンセリングなるものも同時に受けてみた。

約1時間にわたる問診の末、6カ月間の継続的カウンセリングを受けることが決定。
さらには、3つの目標まで立てさせられる始末。
「ラーメン、そばなどのつゆは全部飲まない」「寝る2時間前以降は何も食べない」「1週間に1回は1時間程度走る」
なかなか厳しいものだが、6ヵ月後には体重5kg減という目標達成のための、個人的なノルマらしい。
毎日体重をはかり、達成度もチェックしなければならない。

これもなにも、すべては自分の不摂生が招いたこと。
ならばと一念発起し、あえて手にしたのが禁断の書、『おやじダイエット部の奇跡』だ。

これは、糖質制限によって、数カ月で数10kgのダイエットに成功した男たちの物語。
糖質制限とは、糖質を含む食品を極端に制限することで痩せていくというもので、簡単にいえば米や麺類など炭水化物はNGということになる。
主食が食べられないことは、いかにも厳しいが、逆にいえば糖質が入っていない(もしくは少ない)食品であれば、腹いっぱい食べられるという衝撃の制限法なのである。
だから肉や魚は全然OK。
アルコールに関しても、ビールや日本酒はダメだが、焼酎など蒸留酒は全然OKというすぐれものなのである。

この糖質制限を始めて、昨日で1週間。
その間毎日体重を量っているが(決まった時間に)、なんとすでに2.5kgの減量に成功した!
毎日、体重計に乗るのが楽しくてたまらない。
糖質制限食についても、これはOK、これはダメというのを、意外にゲーム感覚で楽しめる。
昨日の昼、1週間ぶりに炭水化物の主食(パスタ)を食ったが、たしかにうまいことはうまいが、どうしても食べたいというほどではないなと感じた。

『おやじダイエット部の奇跡』──非常に参考になるし、同志の声は心強い。
とりあえず一度という人には、おすすめの一冊です。
[PR]
by anken99 | 2012-12-20 13:38 | 読書 | Comments(2)
007 慰めの報酬
a0029769_142724.jpg
昨晩は早帰りできたので、借りてあったDVDを鑑賞。
現在、スカイフォールが公開中の007、その前作である「慰めの報酬」である。

前前作「カジノロワイヤル」から、ジェームズ・ボンド役がダニエル・グレイグになったことは周知のとおり。
これがまた、渋いんですわ。
カッコよすぎ。

本作「慰めの報酬」は、「カジノロワイヤル」の続編。
これは007シリーズでも非常に珍しい。
公開当時、作品の評判はあまり芳しくなかったようだが、息詰まるスリリングな展開の連続は、十分すぎるほど楽しめた。

年末年始休みには、「スカイフォール」を見に行く予定。
いやあ楽しみです。
[PR]
by anken99 | 2012-12-18 14:33 | DIARY | Comments(0)
2012年11月に読んだ本
2012年11月に読んだ本。
今月は8冊とそこそこという感じか。
読み止っていた本も読め、お宝本を完読と、それなりに意味はあった。
それにしても、自伝本が意外と多いことにビックリ。
嗜好なんだろうと実感する。


特別模範男 (宝島SUGOI文庫)

藤田 伸二 / 宝島社

スコア:

競馬界の異端児、藤田騎手の著作。
競馬裏話といったあれこれがつづられている。
異端児のこれまでの人生を振り返るスタイルなのだが、それなりに苦労してきたこともわかった。
競馬学校時代の話は、ちょっと笑える。
やりたい放題、まさにヤンキーそのものだ。
同い年の藤田騎手、40歳を迎えた今年は調子が今ひとつといった感があるが、まだまだ最前線で大暴れしてほしいものだ。


記憶

松井常松 / 徳間書店

スコア:

元BOOWY、伝説のベーシストの自伝本。
偶然にも発見し、即買いしたものだ。
BOOWY関連書籍は、『大きなBOOWYの木の下で』、布袋寅泰の『秘密』など数多く所有しているが、寡黙な松井の言葉は、非常に貴重なものではないだろうか。
しかしやはり、解散の秘密の深部にまでは言及していないことが残念ではあった。
真相は永遠に闇の中、復活も二度とないのだろう。


Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2012年 11/22号 [雑誌]

文藝春秋

スコア:

面白い特集の時のみ購入している『Number』。
2012年プロ野球総括は、なかなか面白く読めた。
日本シリーズの分析など、さすが『Number』という部分も多い。


球界の野良犬 (宝島SUGOI文庫)

愛甲 猛 / 宝島社

スコア:

続いては同じ野球つながりで、元ロッテの愛甲猛の自伝本。
うわさになっていることは知っていたが、ようやく読了。
その内容たるや、元甲子園優勝投手とは思えない、暴露暴露の数々。
高校時代に酒や女はもちろん、シンナーにまで手を出していたのには驚いた。
ロッテ時代の話は、落合に弟子入りした話、カネやんのハチャメチャ振りなど、心温まる話も満載。


深夜特急〈5〉トルコ・ギリシャ・地中海 (新潮文庫)

沢木 耕太郎 / 新潮社

スコア:

このところ再読している、深夜特急シリーズ。
シリーズ5弾は、トルコ・ギリシャ編。
いよいよヨーロッパに突入し、なにか無常観のようなものが強く出ている。
旅の意味を見失った若者の心の描写はさすが。


「結果を求めない生き方」上杉流脱力仕事術

上杉隆 / アスコム

スコア:

記者クラブ批判、自由報道協会設立と、骨のあるジャーナリストっぷりを見せる上杉隆の自伝本。
題して「上杉流脱力仕事術」。
意外と苦労してきた人生に驚くとともに、仕事をするうえでの心構えみたいなものは参考になったと思う。
なかなかオススメの一冊。


「週刊新潮」が報じたスキャンダル戦後史 (新潮文庫)

新潮社

スコア:

週刊新潮の50年の歴史の中で、時代を彩った記事を抜粋、考察を加えたもの。
週刊誌という視点ではあるが、近代日本の歴史、それも昭和をあらためて振り返ると味わい深い。
三面記事の近代史といった内容である。


そこまで言うか!

勝間 和代 / 青志社

スコア:

現在収監中のホリエモン、そこにカツマーと2ちゃんのひろゆきという組み合わせは、まさにドリームマッチ。
政治、経済、現代若者論、ビジネスにいたるまで、あらゆる項目を3人が言いたい放題に語る。
このトークをまとめた編集者、苦労がしのばせられる内容だ。
少し前の本ではあるが、今読んでも面白いと思う。
[PR]
by anken99 | 2012-12-15 14:00 | 読書 | Comments(2)
トレペ図鑑 No.5「ECOLOGY」
a0029769_18405547.jpg

FILE NO.5
銘柄:ECOLOGY
採取場所:水道橋某所

短評:
昨日の健康診断再検診にて、水道橋某所で採取。
トレペだけに、その名も「ECOLOGY」。
エコなのか否かは、ワタシにもよく分からない。

それにしても、あまりにもシンプルなデザイン。
これをシンプルと言ってよいのかは分からないが、それにしても当カテゴリー最初のころのインパクトある面々に比べると、パンチが弱い。
そして、当ブログ内でも、非常にパンチが弱いカテゴリーが、当カテゴリーなのだが・・・。
[PR]
by anken99 | 2012-12-12 18:45 | トレペ | Comments(0)
初・胃カメラ
a0029769_1757546.jpg
年に一度の会社の健康診断。
今年からバリウムを飲んだのだが、さっそく引っ掛かってしまった。
その結果によれば、胃の内壁に突起物ができているとのこと。
すなわち、胃カメラ(内視鏡)による再検査を実施することが決定してしまった。
ネットで「胃内壁 突起」などでググると、けっこう怖いことが書いてある。
ビビればビビるほど、胃も痛くなろうものという悪循環なのである。

そして迎えた今日。
人生初の胃カメラとの邂逅を迎えた。
昨日21時以降は水以外口にすることもできず、かなり苦しい状態での病院入り。
他の検査等を済ませると、いよいよ「内視鏡」と書かれた一室に呼ばれる。
検査に先立って、誓約書にサインさせられるあたりは、いかにもおおごと感たっぷり。
緊張感がマックスに高まってくる。

まずはゼリー状の液体を口に含まされ、待つこと3分。
これでノド回りの麻酔を施すわけだ。
次に腕に麻酔を注射でさらに打たれる。
こちらは胃に直接効果があるのか?

ほどなくベッドに横たわらされたワタシ。
この部屋には医師と看護婦があわせて4人ほどおり、ことの重大さを感じずにはいられない。

マウスピースをはめさせられると、いよいよ胃カメラ突入。
まさに苦悶の時間であった。
痛みはないのだが、異物感が半端ない。
よだれと涙が、でっぱなしの状態での数分間。
これが実に長い時間に感じる。
カメラが胃に突入後、ようやくモニターに目を向けることができたが、胃のなかは想像していたのとは異なる、淡いピンク色の美しい状態であった。
医師の「なんともないですね」という声を遠くに聞きながら・・・。

かくして胃カメラ初体験は終了。
正直言って、いままで受けたあれこれのなかでは、トップレベルの苦しみであった。
痛みはないが、不快感がハンパない。
拷問に近いともいえる。

こんなものは二度と受けたくないので、健康に気を使って生きていこうと、強く誓った12月のある日であった。
[PR]
by anken99 | 2012-12-11 18:19 | DIARY | Comments(0)
A氏の買い物カゴ・10品目「Danner マウンテンライト」
a0029769_12152594.jpg
スニーカー一辺倒の人生だが、四十路を迎え、このところ心境に若干の変化が。

一足早いSALEにて、コイツの姿を発見し、心をわしづかみにされてしまった。

名品、Dannerのマウンテンライト

一枚革で作られているだけに、足入れは抜群。
クラシックな外観ながら、GORE-TEXを搭載ており蒸れ知らず。
雨の日だろうと、雪の日だろうと、当然問題があるはずもない。
見かけはゴツイが、「Light」の名にふさわしい軽さ。
これなら疲れることもないだろう。
ソールはもちろん、ビブラムソールだ。

そしてもちろん、Made in USA。

チペワ、レッドウイングといったマイブーツコレクションに、加わった新顔。
まさに大満「足」の逸品なのである。
[PR]
by anken99 | 2012-12-07 12:29 | 買い物 | Comments(2)
魚金、コスパ高し!
a0029769_14461347.jpg
昨晩は友人と飲み。
マイ・ホームグラウンド新橋でウマイものを、というリクエストを受け、ひとしきり思案。
やっぱり「魚金」かなと思ったが、さすがにこの時期、電話したがどこも一杯。
浜松町にもあったなと思い、電話してみると、2030から空いていたので即予約。

まずは、これまた名店の秋田屋で、モツをビールで流し込み、エンジンの暖気完了。
河岸を替えて、いよいよ魚金に移動すると。。。

出ました!
刺し身6点盛り(1980円)で、このボリューム!
最高です。
どれも新鮮で、絶品ばかり。
すっかり焼酎が進んだことは言うまでもなく、あえなく酩酊してしまった。
a0029769_14503089.jpg
地元の駅になんとか帰り着くと、不思議と小腹が減るから不思議。
ラーメン太志に向かったが閉まっており、ヤケになって花月「嵐」で塩ラーメンを食す。
しかし、コテコテだな。。。

いよいよ忘年会シーズン突入したが、くれぐれも体調管理には努めたい。
[PR]
by anken99 | 2012-12-06 14:56 | 飲食 | Comments(2)
尾山台ファイト
地元・尾山台でまさかのプロレス興行。
その名も「尾山台ファイト」。
しかも入場無料。
東日本大震災復興、そして尾山台の活性化を願うイベントである。
会場は地元の小さな体育館。
実にほのぼのとして、アットホームなイベントだった。
すばらしい。
a0029769_20322123.jpg
S-KEEPという格闘技のチャンピオンベルト。
普通にカッコいい。
a0029769_20331669.jpg
ゴング。
いくつもの闘いを見てきた、まさに生き証人。
a0029769_20342597.jpg
前半は総合格闘技系が3試合。
プロではないらしく、3分、2分の2ラウンド制。
スポーツっぽい雰囲気にあふれている。
a0029769_2036259.jpg
女子選手による試技。
蹴りによる板割りに場内が沸く。
このあと、バットも蹴りで折っていた。
a0029769_2037290.jpg
ラウンドガールは子供。
K-1やPRIDEとはワケが違う。
a0029769_20374713.jpg
第4試合以降の3試合はプロレス。
やはり、絶対的にわかりやすい。
ZEROONEなどでも活躍する、浪口修選手がコーナーポストからの串刺し式ドロップキックを放つ!
a0029769_20434121.jpg
この試合、尾山台のS-KEEPジムで現場監督を務めるという、高岩選手の20周年記念試合でもあるのだ!
a0029769_2044268.jpg
キターッ!
新日本プロレス時代の先輩である、黒のカリスマこと蝶野正洋選手が、プレゼンターとしてまさかの来場!
この日一番の盛り上がり!
a0029769_2045565.jpg
すげえアットホームな会場。
a0029769_20454335.jpg
ツープラトン攻撃は、プロレスの醍醐味!
a0029769_20462397.jpg
葛西純選手が飛ぶ!
a0029769_2047122.jpg
場外乱闘も連発。
ウチのヨメも追いかけられて、逃げ惑ってました。
a0029769_20474379.jpg
場外乱闘でやられ、ワタシのリュックサック付近で苦しむジ・ウィンガー選手。
a0029769_20483299.jpg
そのジ・ウィンガー選手も飛ぶ!
マスカラスを彷彿とさせる素晴らしいダイブ!
a0029769_20492799.jpg
かつてIWGP・Jrのベルトを巻いたこともあるだけに、高岩選手だけはオーラが漂っている。
男だけがわかる闘いの世界。
a0029769_20502394.jpg
高岩選手の雪崩式ブレーンバスター!
a0029769_20505668.jpg
最後はデスバレーボムで決めた高岩選手。
試合後の表情。
a0029769_20513960.jpg
試合後、さらに驚きのプレゼンター登場。
戦うフリーターこと、所英男選手。
握手してもらいました!
a0029769_20523372.jpg
最後は高岩選手のあいさつ。
尾山台で、連日飲み歩いてるみたいです。
遭遇は時間の問題か?

最後のシメは「尾山台ーーー、ファイト!」

地元密着型イベント、最高です。
ヨメはジ・ウインガー選手と一緒に写真をとらせてもらい、かなりご満悦でした。
プロレス最高です。
[PR]
by anken99 | 2012-12-02 20:57 | スポーツ | Comments(2)
  

A氏的・日々の感想文
by anken99
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログパーツ
最新のコメント
onizumaさま→ ..
by anken99 at 13:36
こんばんは~。 い..
by onizuma at 19:56
Bさま ⇒ デーブさ..
by anken99 at 18:13
onizumaさま ⇒..
by anken99 at 18:12
(*^ω^*)ノシ{美味..
by B at 15:40
こんにちは。 でーぶっ..
by onizuma at 13:32
onizumaさま⇒ ..
by anken99 at 17:23
こんにちは。 西原理恵..
by onizuma at 12:40
B氏→ おつかれさまで..
by anken99 at 14:10
(^ワ^)ノシ{A氏、お..
by B at 09:06
マイリンク
Parkeesさんの読書メーター Parkeesさんの鑑賞メーター
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
検索
ファン
ブログジャンル
日々の出来事
40代
画像一覧