<   2013年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧
A氏の買い物カゴ・15品目「RUN FORREST RUN」
a0029769_18183855.jpg
このところ、すっかりご無沙汰ぎみの当ブログ。
忙しさと更新頻度が、完全に反比例している次第である。

で、そんなときについつい現実逃避してしまうのが、ヤフオク。
先日落札した商品が昨日自宅に届いた。

RUN FORREST RUN──そう、あの映画「フォレストガンプ」に出てくる名台詞である。
フォレストガンプは、間違いなく当方のベスト3に入る映画で、たまに見ては涙をながしている名画だ。

なかでも大好きなのが、ガンプが走り出すシーン。
何年も何年も走り続ける。
ひさびさにYoutubeで見直したが、やっぱり号泣。
かっこよすぎる。

さっそくこのプレートを自宅に設置。
すげえイイ感じ。
毎日勇気をもらえること間違いナシなのである。



[PR]
by anken99 | 2013-11-28 18:27 | 買い物 | Comments(2)
肉の聖地に初見参
a0029769_16475567.jpg
金曜の夜は、目黒のステーキハウス「リベラ」を初めて訪れた。
ここはプロレスラーや格闘家が多数訪れることで知られる店。
プロレスファンにとっては「聖地」と言ってもいい場所だ。

店外、店内問わず、多数のレスラーの写真で彩られている。
懐かしい面々も多数。
ファンにとっては、とにかくたまらないのである。

a0029769_16492058.jpg
メニューはいたってシンプル。
基本的にはステーキしかない。

当方、1ポンドをチョイス。
食べられるかとひるんだが、とにかくウマイ。
あっという間にペロリと平らげてしまった次第。

有名人も多く来店することで知られるが、当日はワタシも有名人に遭遇。
すぐ後ろの席には、あの森末慎二さんがご来店。
当方と同じく、1ポンドをチョイスしておられた。
[PR]
by anken99 | 2013-11-10 16:53 | 飲食 | Comments(2)
海女CAFE@上野アメ横センタービル
a0029769_11512027.jpg
日曜日は上野のアメ横センタービルへ。
ここは中学、高校、大学時代と、多くの時間を過ごした、ワタシの聖地でもある。
あまちゃん東京編の舞台になったことは言うまでもないが、ここに期間限定で海女CAFEが出現するとあって、当然ながら出陣した次第。

a0029769_11534945.jpg
アキが上京し、上っていった階段付近。
こんなパネルも貼られている。

a0029769_11542224.jpg
出ました海女CAFE。
飲食もできると期待していたが、アイスコーヒーとオレンジジュースしかないのはショボすぎる。

a0029769_11551455.jpg
アキが実際に着ていたという衣装!
すげえ!

a0029769_11555427.jpg
こちらはGMT5が実際に着用していたという衣装。
たまりません!

a0029769_11562718.jpg
喫茶リアスの看板もあり。
ここでタムロするのが夢。

a0029769_11565570.jpg
アメ横センタービルで、ひさびさに買い物を・・・と思ったが、あまりの人の多さに辟易。
平日じゃないと対応できませんね。

ということで、ガード下の名店「もつ焼 大統領」へ。
昼間から大盛況だったが、奇跡的にすぐに着席。
チューハイに煮込み。。。たまりませんな。
[PR]
by anken99 | 2013-11-05 12:00 | DIARY | Comments(0)
2013年10月に読んだ本
2013年10月は12冊と、ここ数カ月に比べて低調だった。
移動が少なく時間の確保が難しかったこと、それ以上にパスドラにハマってしまったことが、読書量の減少の直接的な原因だろう・・・(苦笑)

今月は、話題の半沢の原作『オレたちバブル入行組』がなんといっても面白かった。
あとは堀江本、それに飛田を題材にしたノンフィクションもよかった。

ところで、この「読書メーター」というサイトで、自分の読書量の管理を始めて約1年。
昨年の11月15日にスタートし、今年10月30日までに174冊の本が読めたことになる。
約2日で1冊ペース、ジャンルを問わずに読みまくっているが、時間を有効に活用できていると思う。
積ん読本が常時60冊は待機しているとはいえ、のんびりと読んでいきたい。

2013年10月の読書メーター
読んだ本の数:12冊
読んだページ数:2549ページ
ナイス数:69ナイス


週刊 ベースボール 2013年 10/14号 [雑誌]
週刊 ベースボール 2013年 10/14号 [雑誌]感想
これは買うしかないだろ。っつーことで購入。最高です!
読了日:10月4日 著者:

オーディション社会 韓国 (新潮新書)
オーディション社会 韓国 (新潮新書)感想
近くて遠い国、韓国。そこでは、想像を絶するような厳しい社会構造が形成されていることを知った。受験戦争に始まり、企業に入ってからも続く戦い。それは金銭的にも、精神的にも、大きな負担となってのしかかってくる。自殺率やうつ病の増加など、目をそむけたくなる事実も。本書では、現代韓国が抱えるさまざまな病巣を的確に紹介している。日本に生まれてよかったなと、思えてさえきてしまうほどだ。
読了日:10月7日 著者:佐藤大介

復活の力―絶望を栄光にかえたアスリート (新潮新書)
復活の力―絶望を栄光にかえたアスリート (新潮新書)感想
ケガや病気を、信じられないほどの努力と信念で克服し、再び輝きを取り戻したトップアスリートたちの物語。長田渚左さんの丁寧な取材力が光る。なんといっても、先日の五輪招致で素晴らしいスピーチを聞かせてくれた佐藤夏海さんが収載されており、いたく感動した。ほかにも青木功選手や浜田剛史選手など、知られざるストーリーが満載。いい本だった。
読了日:10月9日 著者:長田渚左

ZEEBRA自伝 HIP HOP LOVE
ZEEBRA自伝 HIP HOP LOVE感想
日本を代表する硬派ラッパー、ZEEBRAの自伝。ホテルニュージャパン火災で有名な横井英樹氏の孫であることも含め、これまでの人生があらゆる角度から語られる。ドラゴンアッシュのKJとの確執の真相についても触れられ、今更ながらなるほどとうなづく次第。全編にわたって熱さが伝わってくるのは、やはりZEEBRAのヒップホップ愛。言葉を大切にする職業の人間だからこそ、メッセージは書籍であってもしっかり伝わってきた。BOOKOFFで購入したのだが、本人サイン本だったというオマケ付き。
読了日:10月13日 著者:ZEEBRA

わたしのマトカ (幻冬舎文庫)
わたしのマトカ (幻冬舎文庫)感想
「あまちゃん」の安部ちゃん役にすっかりハマり、思わず購入してしまったが、片桐はいりさんの人間性にすっかりほれ込んでしまった次第。本書はフィンランドでの長期滞在ロケの日々をつづった日記風エッセー。はいりさんの行動力はすごい!でまた、フィンランドの人たちのやさしさやのんびりした気持ちが伝わってきて、せかせかした日本の生活を反省してしまう。7~8年前にフィンランドに出かけたときのことを思い出してしまった。題名の「マトカ」は、フィンランド語で「旅」の意。旅に出たくなること必死の一冊である。面白かった。
読了日:10月15日 著者:片桐はいり

ポイズン・ママ―母・小川真由美との40年戦争
ポイズン・ママ―母・小川真由美との40年戦争感想
母である小川真由美との強烈すぎる半生をつづった娘・雅代の著作。はっきりいって強烈すぎる内容で、よくここまで頑張って生きてきたなと思える。女優とはアーティストであり、天才的な女優であるからこそ、日常生活の狂気とは紙一重なのかもしれない。宗教にはまり、娘への長年にわたる虐待の数々は、悲惨ともいえるもの。それでも親子の縁を切ることができないところに、深い問題があるのだろう。雅代さんには、幸せになってほしいと思った。
読了日:10月16日 著者:小川雅代

散歩の達人 2013年 09月号 [雑誌]
散歩の達人 2013年 09月号 [雑誌]感想
特集の内容に惹かれて購入。ようやくすべて読み終わった。東京近辺の横丁特集。ワタシが頻繁に通っている大井町も当然出ていたが、もう少しページを割いてほしかったというのが本音。立石、北千住、渋谷など、久々に行ってみたい横丁も多数あった。
読了日:10月17日 著者:

地球を走った男 ~間寛平アースマラソン なぜ彼だけが地球一周、走れたのか?~ (ヨシモトブックス)
地球を走った男 ~間寛平アースマラソン なぜ彼だけが地球一周、走れたのか?~ (ヨシモトブックス)感想
マラソンとヨットで地球を一周する───前人未到、そんな途方もない挑戦が「アースマラソン」。本書では、その「偉業」を達成した寛平さんのみならず、関わった周囲の人間の声を多数収載することで、あらためて「アースマラソンとは何か?」について迫っている。それにしても、よくよく考えてみるとスゴイ。1日50kmを毎日走り続けるなんて、まさに超人だ。アースマラソンを知らなかった人にも、興味深く読めると思う。
読了日:10月23日 著者:神山典士

オレたちバブル入行組 (文春文庫)
オレたちバブル入行組 (文春文庫)感想
ドラマにハマり原作を購入。はっきり言って面白い!!ドラマを下地にできるだけに、楽しさ倍増。痛快無比とはこのことだ!本作は全てのサラリーマンに送る応援歌なのかもしれない。なぜだか気合い入ること必至だ。
読了日:10月25日 著者:池井戸潤

衣笠祥雄は、なぜ監督になれないのか?
衣笠祥雄は、なぜ監督になれないのか?感想
うーん。。。看板に偽りありというか、衣笠が監督になれないことについての記載がきわめて少ない。また、その洞察も薄い。読後感としては、かなりのボリュームを割いていた新井のFA騒動に関する私見を述べた本という感じ。なにかレベルの低い愚痴を聞かされた気分だ。何より誤字脱字がひどい。
読了日:10月28日 著者:堀治喜

さいごの色街 飛田
さいごの色街 飛田感想
日本で残されたおそらく最後の合法的「赤線」地帯の飛田。写真撮影や話を聞くことすらご法度の閉ざされた一角での、12年にわたる著者の体当たり取材をまとめたもの。知られざるあれこれは、ただただ驚くばかりである。飛田が来る人も暮らす人にとっても、世の中にとっても、必要なものであるのかもしれないという感を抱いた。そして、人間とは実にたくましいものであり、運命とは時に酷なものであることを痛感した。社会学という観点から、なかなかの良書だと思う。じゃなきゃ、こんな本は世の中で日の目を見ることすらなかっただろう。
読了日:10月30日 著者:井上理津子

君がオヤジになる前に
君がオヤジになる前に感想
ホリエモン38歳の著作。41歳の自分、もっと早く読むべきだった。オヤジになってはいけない論に激しく共感。そして自省。やっぱりポジティブにいかなきゃダメだ。対ホリエモン感を大いに揺るがされた。
読了日:10月31日 著者:堀江貴文

読書メーター

[PR]
by anken99 | 2013-11-03 12:30 | 読書 | Comments(0)
  

A氏的・日々の感想文
by anken99
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
最新のコメント
onizumaさま→ ..
by anken99 at 13:36
こんばんは~。 い..
by onizuma at 19:56
Bさま ⇒ デーブさ..
by anken99 at 18:13
onizumaさま ⇒..
by anken99 at 18:12
(*^ω^*)ノシ{美味..
by B at 15:40
こんにちは。 でーぶっ..
by onizuma at 13:32
onizumaさま⇒ ..
by anken99 at 17:23
こんにちは。 西原理恵..
by onizuma at 12:40
B氏→ おつかれさまで..
by anken99 at 14:10
(^ワ^)ノシ{A氏、お..
by B at 09:06
フォロー中のブログ
おいしいたのしい毎日
毎日飲兵衛
マイリンク
Parkeesさんの読書メーター Parkeesさんの鑑賞メーター
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
検索
ファン
ブログジャンル
日々の出来事
40代
画像一覧