<   2015年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧
2015年1月に読んだ本
2015年1月に読んだ本は13冊。
まあ、ボチボチですね~。

なんといってもオススメは、川上未映子の『きみは赤ちゃん』。
これから子供が生まれる人、子育て真っ最中の人、子育てを終えた人、そのすべてが楽しめる、あるいは共感できる内容だと思う。

ひさびさの吉田豪さんの本『聞き出す力』もよかったし、清水圭さんの子供へのメッセージ本もよかった。


2015年1月の読書メーター
読んだ本の数:13冊
読んだページ数:2680ページ
ナイス数:122ナイス


東京家族 (講談社文庫)
東京家族 (講談社文庫)感想
小津安二郎の名作「東京物語」にオマージュを捧げた作品「東京家族」。山田洋次監督のこの作品を、あらためて物語として作り直したのが本作である。映画自体は見ていなかったのだが、本を先に手にした。本作で描かれるのは「家族」。自分自身も親が高齢化し、また子供を持つ身となっただけに、いろいろと考えさせられることも多い。そのなかで、不器用ながらも愛情にあふれた家族たちの群像が、なんとも味わい深いものであった。さすがはベースとなった作品を手がけた山田洋次さんの手腕といったところだろう。
読了日:1月1日 著者:白石まみ

聞き出す力
聞き出す力感想
あとがきにもあったが、著者にとっては、インタビュー集以外の著作はこれが初。意外である。ミリオンセラーの『聞く力』のパロディーと思うことなかれ。巻末に阿川佐和子さんとの奇跡(?)の対談こそ収載されているものの、一応は新書らしく「インタビュー心得」的なスタンスかと思ったが・・・。本人も述べているように、本作はまさに「面白エピソード集」。かつてラジオ「キラ☆キラ」で毎週のようにコボレ話を楽しみにしていた身としては、面白エピソードの数々は、キラ☆キラなきあとの鬱憤を晴らしてくれるものであった。まだまだ読みたい。
読了日:1月2日 著者:吉田豪

ナインティナインの上京物語
ナインティナインの上京物語感想
病にかかったあとの復帰後に出版された本作。ストーリーテラーは、かつて上京当時のナインティナインを支えたマネジャーである。大ブレイク前夜の彼らを支えた彼女は、まさに戦友といっていいだろう。本作では、その当時を中心とした彼らとの日々が振り返られていく。休養、そして復帰後、岡村のスタンスは大きく変わったといえる。本作で注目すべきは、岡村、そして矢部と、彼女がそれぞれ一対一の対談を行っている点だろう。笑いに対してまじめすぎる岡村と、それを支えることができる唯一の相方の矢部の、素の姿が見えてくる。
読了日:1月2日 著者:黒澤裕美

最強のプロレス団体UWFインターの真実―夢と1億円 (BLOODY FIGHTING BOOKS)
最強のプロレス団体UWFインターの真実―夢と1億円 (BLOODY FIGHTING BOOKS)感想
プロレスが熱かったあの時代。UWFインターのエース、高田延彦に対し最強王者という幻想を持っていた。本書は、そのUWFインターの社長が、UWFインターの旗揚げから崩壊までを記した一冊だ。何かと波紋を呼ぶことの多かった同団体だが、その後のPRIDEの隆盛に至る経緯を含め、業界で大きな役割を果たしたことは間違いない。インサイドから、そのあれこれが語られるが、当時を知る者の一人としては、実に興味深いことだらけだ。著者は現在、用賀で焼き鳥店「市屋苑(いちおくえん)」を経営しているというので、一度行ってみたいと思う。
読了日:1月8日 著者:鈴木健

ほんたにちゃん (本人本 3)
ほんたにちゃん (本人本 3)感想
久しぶりの本谷作品。まさにあっという間の一気読みだったわけだが、本作でも他の本谷作品同様に、主人公はぶっとんだ人間である。他人から「こう見られたい」という19歳の女性は、実に痛々しい。それでいて、本人が「痛い」ことに気づいているから、こじれっぷりといったら・・・。いかにも本谷テイスト満載であり、エンターテインメント作品として楽しむことができた。それにしても、これは本谷自身を描いたものなのだろうか?
読了日:1月9日 著者:本谷有希子

今日から始めるダービースタリオンGOLD (エンターブレインムック)
今日から始めるダービースタリオンGOLD (エンターブレインムック)感想
ダビスタやりたさに、3DSも買ってしまった。このシリーズ、毎回必携とも言える一冊。繁殖牝馬のモデル牝馬名が網羅されているので、再現馬作りに燃えてしまう私には欠かせない。それにしても今回のダビスタ、前作までとは、なにか異なっているようで、なかなか難しく、強い馬づくりが難航しています。。。
読了日:1月14日 著者:

エースの覚悟 (光文社新書)
エースの覚悟 (光文社新書)感想
マエケン、2013年の著作。以前、情熱大陸を見た際にも感じたが、見た目というかイメージというかにそぐわず、この人、大変まじめである。決して恵まれた体躯を持っているわけではないのに、カープ、いや日本のエースといわれるほどにのしあがったのは、マジメな取り組みとプラス思考にあることがよく分かった。座右の銘だという「いまが全盛期ではない」という言葉は、いかにもマエケンらしい。
読了日:1月16日 著者:前田健太

息子に伝える100のこと
息子に伝える100のこと感想
清水圭さんが、二人の子供に向けて「家訓」「父親からのメッセージ」を書き溜めていたものが、編集者に話をしたことで単行本化。「100のこと」のつもりが、110になってしまったのは、親バカというか、愛嬌か。シンプルだが分かりやすく、それでいて偉そうでもなく、家族への愛情に満ちあふれた「格言」は、子育てを始めたばかりの自分にとっても、心に響くものがあった。ときどき読み返してみると、イイ感じのたぐいの一冊だと思います。
読了日:1月18日 著者:清水圭

3日もあれば海外旅行 (光文社新書)
3日もあれば海外旅行 (光文社新書)感想
世界一周旅行を2度もやった著者による、いわば現代版海外旅行テクニック集。どうすれば安く航空券を確実に入手できるか、スマホ活用術、さらには週末を利用した海外旅行のパターン例など、なかなか実用的。2012年の発行であり、その後、LCCがさらに増えたこともあるから、「時間がないこと」を言い訳に、海外旅行をあきらめる時代ではないのだと感じた。
読了日:1月19日 著者:吉田友和

弱虫ロボコップ 「もう一日がんばる」勇気
弱虫ロボコップ 「もう一日がんばる」勇気感想
高見盛の自伝本。あっという間に読了。本人の言葉が聞こえてきそうな、読みやすい文体。努力の人ということは、この本を読まずとも知っていたが、高校、大学と、アマで素晴らしい実績を残してきたことは、これまで知らなかった。本人のまじめさ、ひたむきさが伝わってくるが、選んだ部屋も良かったのだと思う。随所に先代の東関親方(元・高見山関)とのエピソードが出てくるが、東関親方の愛情、それに人間性が伝わってきた。振分親方となった高見盛にも、今後、すばらしい関取を育てていただきたいと思う。
読了日:1月20日 著者:振分精彦

全日本プロレス超人伝説 (文春新書)
全日本プロレス超人伝説 (文春新書)感想
新日本の怪人に続く全日本版。願わくば、もう少し一人一人に尺を与えられたなら、、、とも思うが仕方ない。自分としては、やはり、カブキさん、天龍さんの章がよかった。王道プロレス永遠なり!
読了日:1月25日 著者:門馬忠雄

きみは赤ちゃん
きみは赤ちゃん感想
ウチの子、生後5ヶ月。なぜもっと早く読まなかったのかと反省。ものすごく面白い。本書は、川上未映子と阿部和重夫妻の出産まで、そして一歳までを綴ったリアルな感じの日々の日記。女性側からの目線だけに、最初はどうかと思ったが、スルスルと引き込まれた。中盤はつらい日々だけに愚痴も多いが、世の多くの男が知らない、あるいは知ろうとしない女性の立場や現実を知り、深く反省。終盤は、子どもと過ごせる幸せを気づかせてくれる内容で涙腺崩壊。1日1日を大切に過ごしていこうと、心から思えた。赤ちゃんができた全ての男女に贈りたい一冊。
読了日:1月29日 著者:川上未映子

狡猾の人
狡猾の人感想
おねだり妻で世間をにぎわせた、元防衛庁事務次官の守屋武昌に関するノンフィクション。さんざん報道されたゴルフ接待をはじめとする収賄のあれこれよりも、フィクサーが暗躍する国家間ビジネスの実態は興味深いものだった。
読了日:1月30日 著者:森功

読書メーター

40代
[PR]
by anken99 | 2015-02-11 16:49 | 読書 | Comments(2)
  

A氏的・日々の感想文
by anken99
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
ブログパーツ
最新のコメント
onizumaさま→ ..
by anken99 at 13:36
こんばんは~。 い..
by onizuma at 19:56
Bさま ⇒ デーブさ..
by anken99 at 18:13
onizumaさま ⇒..
by anken99 at 18:12
(*^ω^*)ノシ{美味..
by B at 15:40
こんにちは。 でーぶっ..
by onizuma at 13:32
onizumaさま⇒ ..
by anken99 at 17:23
こんにちは。 西原理恵..
by onizuma at 12:40
B氏→ おつかれさまで..
by anken99 at 14:10
(^ワ^)ノシ{A氏、お..
by B at 09:06
フォロー中のブログ
おいしいたのしい毎日
毎日飲兵衛
マイリンク
Parkeesさんの読書メーター Parkeesさんの鑑賞メーター
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
検索
ファン
ブログジャンル
日々の出来事
40代