<   2015年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧
波乗り日記2015/08/11 sanpo
a0029769_11171150.jpg

昨日は、友人の休日に併せて、ワタシも会社を休んで、いざ出陣。
台風が接近中ということで、内房~南房総に向かったが・・・。

最初にチェックしたポイントは、超小波。
で、平砂浦方面へ、さらに南下する。

こちらは、うねりらしきものが届いており、いざ入水したものの、割れにくく、割れてもインサイドのダンパーということで、結局小1時間で撤収。
元のポイント(写真)に戻って、超小波ながらも再入水した。

感覚的には、海水浴って感じだったが、まあ夏らしくでいいのでは?
ドライブも含めて、リラックスできたことは間違いない。
[PR]
by anken99 | 2015-08-12 11:21 | 波乗り | Comments(2)
波乗り日記2015/08/02
a0029769_1521494.jpg

先週の日曜は久々の波乗り。
昨年8月に子供が生まれて以来、なかなか休日にひとりで・・・というわけにはいかない状況に。
ただ、朝早く出て、昼には戻ってくれば、さほど影響を及ぼさないというアドバイスを受け、実行した次第である。

さて、この日はお気に入りの茨城とっぷ●んてへ。
かなり混雑していたものの、いい感じで乗れた波も何本かあり、心からリラックスできた。

ただ、数日後、周辺一帯はサメ騒動に。
この日も、まだ見つかってなかっただけかと思うと、若干、恐怖を感じてやまないのであります。
[PR]
by anken99 | 2015-08-10 15:28 | 波乗り | Comments(0)
2015年7月に読んだ本
2015年7月に読んだ本は7冊と、前月に比べて大幅にペースダウン。
まあ、たまにはこんな月もあるだろう。

町山さんの著作は初めてだったが、非常にツボであった。
そして『震える牛』は、さすが「このミス」で高い評価を得ただけあって、引き込まれてしまう面白さ。
Number、ひさしぶりのプロレス特集は、ファンとしては万感の思いがある。


2015年7月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:1583ページ
ナイス数:89ナイス


アメリカは今日もステロイドを打つ USAスポーツ狂騒曲 (集英社文庫)
アメリカは今日もステロイドを打つ USAスポーツ狂騒曲 (集英社文庫)感想
TBSラジオ「キラ☆キラ」では、本場アメリカからの毒たっぷりのレアな映画情報を届けてくれていた印象が大きい著者。その町山さんの作品は初読である。アメリカのプロスポーツをテーマにした連載コラムを収載した本作、薬物汚染や犯罪など、スキャンダラスなあれこれも面白いのだが、障害者スポーツに光を当てている部分など、前半とはまた違う読み応えがあり、いちいち人名をグーグルで検索してしまうほど、すっかりのめりこんでしまった。予想を大きく裏切る面白さ!ほかの作品も、どんどん読んでみたい。
読了日:7月6日 著者:町山智浩

許す力 大人の流儀4
許す力 大人の流儀4感想
大人の流儀シリーズも4作目。定期的に伊集院さんのコラムを読むと、なにか身がひきしまる思いがする。男として、大人として、日本人として、「本物」というのがいかなるものか、あらためて思い出させてくれる。一見、破天荒でいて、それでいてこまやかな心づかいができる──そんな男になりたいものだ。
読了日:7月13日 著者:伊集院静

震える牛 (小学館文庫)
震える牛 (小学館文庫)感想
たしか「このミス」で上位になっていたことは知っていたが、ひょんなことから手にした。そして、見事に引き込まれてしまった。食肉偽装問題と地方への大型CS出展問題の二つのストーリーに、殺人事件が絡む。別々のストーリーが展開しながらも、まさかのエンディングへ。社会問題がテーマになっており、単純なミステリーとは言い切れない。かなりの筆力。文句なくおすすめできる一冊だと思う。
読了日:7月13日 著者:相場英雄

私が会った日本の黒幕・首領 (宝島社新書)
私が会った日本の黒幕・首領 (宝島社新書)感想
著者の作品は、ソフトバンク孫さんの評伝を最近読んだばかり。今回のテーマもワタシの好物だけに、楽しみに手にした。ヤクザ、フィクサー、政治家などいろいろ出てくるが、やはり面白かったのは、田中角栄と竹下登の物語。善悪は別にして、現代の日本の政治に足りないのは、角さんのようなエネルギッシュな人物ではなかろうか。中国との、まったく折れない交渉のシーンなど、深く知るにつれ、熱い気持ちになった。
読了日:7月16日 著者:大下英治

Number(ナンバー)882号 新日本プロレス、№1宣言。 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィックナンバー))
Number(ナンバー)882号 新日本プロレス、№1宣言。 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィックナンバー))感想
まさかのプロレス特集。10数年ぶりとは、感慨深い。猪木体制を脱却し、これほどまでに盛り上がっている新日本プロレスの特集。オカダではなく、棚橋が表紙。このあたりも味わい深い。個人的には、大好きな真壁の記事など、じっくり読ませてもらった。再びゴールデンでの放送も、夢ではないのかもしれない。
読了日:7月21日 著者:

PL学園OBはなぜプロ野球で成功するのか? (新潮文庫)
PL学園OBはなぜプロ野球で成功するのか? (新潮文庫)感想
PL学園の同期、先輩、後輩を、OBの橋本が訪ねる。さまざまなドラマを甲子園で生み、さまざまな野球人を輩出してきたPL学園。現在の凋落ぶりは目を覆いたくなるが、やはりPLが強い時代の高校野球は面白かった。今回登場した人材を見ると、人徳者がそろっているのは気のせいだろうか。今回登場した多くが「二度と戻りたくない」「1億円詰まれてもいやだ」と話す、過酷な全寮生活、そしてPLならではの宗教的な教えが、「球道即人道」という中村元監督の言葉を借りるまでもなく、人間力を育てることに寄与していると感じた。
読了日:7月21日 著者:橋本清

統合失調症がやってきた
統合失調症がやってきた感想
これは、実際に読んでみたら、けっこうキツかったというのが本音。芸人であり、10年にわたるブランクを経て復活した松本ハウスのハウス加賀谷の「現在進行形」の物語。幼少期の過度な期待、そして成長、芸人としてのプチブレイクのなかで、壊れていく精神・・・。今だからこそ振り返ることができるのかもしれないが、相当つらかったことだろう。それより何より、病棟入りを自ら決意し、そしてその間の描写は読むほうもつらくなってしまった。それでも今こうして復活のときを迎えることができているのは、家族、そして何より相方のお陰なのだろう。
読了日:7月28日 著者:ハウス加賀谷,松本キック

読書メーター

[PR]
by anken99 | 2015-08-03 13:09 | 読書 | Comments(0)
  

A氏的・日々の感想文
by anken99
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
ブログパーツ
最新のコメント
onizumaさま→ ..
by anken99 at 13:36
こんばんは~。 い..
by onizuma at 19:56
Bさま ⇒ デーブさ..
by anken99 at 18:13
onizumaさま ⇒..
by anken99 at 18:12
(*^ω^*)ノシ{美味..
by B at 15:40
こんにちは。 でーぶっ..
by onizuma at 13:32
onizumaさま⇒ ..
by anken99 at 17:23
こんにちは。 西原理恵..
by onizuma at 12:40
B氏→ おつかれさまで..
by anken99 at 14:10
(^ワ^)ノシ{A氏、お..
by B at 09:06
フォロー中のブログ
おいしいたのしい毎日
毎日飲兵衛
マイリンク
Parkeesさんの読書メーター Parkeesさんの鑑賞メーター
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
検索
ファン
ブログジャンル
日々の出来事
40代