<   2016年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧
2016年1月に読んだ本
2016年1月に読んだ本は10冊。
今年は、スマホゲームばかりやってないで、本もしっかり読んでいこうと思っているなかで、まあ出だしとしてはよしか。

なんといっても良かったのは、年末のドラマ「赤めだか」からの流れで手にした、談志師匠の半生記。
すばらしい。
で、そこからさらに高田文夫氏の『笑芸論』へという流れ。
こちらも存分に楽しませてもらった。

あとはやっぱり『下町ロケット2』ですね。
ドラマもさることながら、やはりサラリーマンとしてはスカッと気合が入ります。
3もぜひ!と思ってしまいます。


2016年1月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:2640ページ
ナイス数:111ナイス


私の教え子ベストナイン (光文社新書)
私の教え子ベストナイン (光文社新書)感想
久しぶりのノムさん本。南海、ヤクルト、阪神、そして楽天。懐かしい名前が次々に出てくる。天賦の才を持った選手よりも、むしろ謙虚で努力を惜しまなかった選手のほうが全然多いように感じられた。教え子たちが、指導者として、今度はプロ野球界を盛り上げてくれるはずだ。
読了日:1月4日 著者:野村克也

スポーツタブー&スキャンダル!!―スポーツマスコミが隠し続ける「あの事件」の闇と真相 (ミリオンムック―別冊ナックルズ)
スポーツタブー&スキャンダル!!―スポーツマスコミが隠し続ける「あの事件」の闇と真相 (ミリオンムック―別冊ナックルズ)感想
う〜ん、内容が雑。随分古い刊行だし、仕方ないか…。
読了日:1月5日 著者:

人生、成り行き―談志一代記 (新潮文庫)
人生、成り行き―談志一代記 (新潮文庫)感想
談志師匠の半生記。立川流顧問がインタビュー形式で綴るだけに、実に内容が濃い。読後感は、やはり談志師匠の愛に尽きる。希代の天才は、誰よりも芸、そして人を愛していたことが、全身から伝わってくる。これは文句なしの名著。巻末に収載された、志の輔との対談が、実に味わい深い。
読了日:1月14日 著者:立川談志

泥のカネ 裏金王・水谷功と権力者の饗宴 (文春文庫)
泥のカネ 裏金王・水谷功と権力者の饗宴 (文春文庫)感想
ひさびさの政治汚職ノンフィクション。平成の裏金王と言われた水谷建設•水谷功が主人公。そして、小沢一郎と陸山会の一連の献金問題へとメスを入れる。この事件で、無罪にこそなれ、事実上政治生命を小沢一郎は失ったわけだが、事件の全貌を今さらながら理解することができた。それにしても、裏金を作りまくることでノシ上がった水谷という人物、事の善悪はさておき、バイタリティにあふれており、現実の世界とは思えない破天荒さがある。建設業界の闇、談合など、よくわかっていなかったことについても勉強になった。
読了日:1月15日 著者:森功

誰も書けなかった「笑芸論」 森繁久彌からビートたけしまで
誰も書けなかった「笑芸論」 森繁久彌からビートたけしまで感想
ヤバイ、むちゃくちゃ面白い!吉本興業を主とした西の笑いではなく、たけし、あるいは浅草芸人、立川流を主とする東の笑いのファンには必読の書。長く裏方として、東の笑いを支えてきた著者が、心肺停止で生死の淵を彷徨ったあとで、自身の半生と、東の笑いの歴史を振り返る。たけしを神とあがめた世代には、たまらないエピソードが満載。手元に置いて、何度でも読み返したい一冊だ。
読了日:1月19日 著者:高田文夫

下町ロケット2 ガウディ計画
下町ロケット2 ガウディ計画感想
ドラマを最終回までじっくりと楽しませてもらったあとで、満を持して読み始めた。ストーリー、結末を知っていながらも、グングンと引き込まれてしまうのは、さすが池井戸作品といったところ。定番の勧善懲悪は、この作品でも健在。なんだかわからないが、勇気、頑張ろうという気になるのは間違いない。ドラマを見てからの読書だったため、登場人物がよりイメージしやすく、存分に楽しめるエンターテイメント作品でした!
読了日:1月22日 著者:池井戸潤

プロ野球の職人たち (光文社新書)
プロ野球の職人たち (光文社新書)感想
二宮氏の著作を読むのは久しぶり。プロ野球架空のベストナインをテーマにした本は多いが、職人に焦点を当てたものは記憶がない。それだけに、人選もシブい。個人的には、5番ファースト高井が、まさに、こうきたか!と唸らされた。いずれもインタビューによる構成で、プロ野球ファンには実に興味深い内容が満載である。
読了日:1月25日 著者:二宮清純

あなたの隣のモンスター社員 (文春新書)
あなたの隣のモンスター社員 (文春新書)感想
社員数40~50人程度のわが社にも、いわゆる「モンスター社員」の匂いがする人間が何人かいる。本書は、現代の社会に巣食うモンスター社員たちを、会社から相談を受ける側である社会労務士が書いた著作である。それにしても実例がすごい。親が出てきたり、周囲を混乱に巻き込んだり・・・。そしてそれは決して他人事ではなく、いつそんなモンスターたちが自分の身の回りに現れるかは分からないのだ。現代の会社経営者、あるいは会社員必読の書といえるほど、非常に濃い内容となっており、危機意識を持つきっかけとなった。
読了日:1月26日 著者:石川弘子

息子たちと私―子供あっての親
息子たちと私―子供あっての親感想
石原さんの子育て論、親子論、家族論。政治家としては、ときに傍若無人ですらあった石原さんだが、本書で綴られているのは、子供たち、両親、そして弟への深すぎる愛情。子供を持つようになった身としては、大いに考えさせられるものがあった。結局、石原さんは、いい人なんだよな。
読了日:1月27日 著者:石原慎太郎

日本人改造論 父親は自分のために生きろ (oneテーマ21)
日本人改造論 父親は自分のために生きろ (oneテーマ21)感想
2014年12月刊行の新書だったが、実は1999年に刊行された単行本だということを、読み終えた後に巻末で知った。が、たけし節は本書でも変わろうわけもなく、15年前の作品だということを全くもって感じさせない。まるで、たけしのトークを延々聞いているかの内容は、ファンには心地よく響いてくるはずだ。
読了日:1月31日 著者:ビートたけし

読書メーター

[PR]
by anken99 | 2016-02-16 12:55 | 読書 | Comments(0)
  

A氏的・日々の感想文
by anken99
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
ブログパーツ
最新のコメント
onizumaさま→ ..
by anken99 at 13:36
こんばんは~。 い..
by onizuma at 19:56
Bさま ⇒ デーブさ..
by anken99 at 18:13
onizumaさま ⇒..
by anken99 at 18:12
(*^ω^*)ノシ{美味..
by B at 15:40
こんにちは。 でーぶっ..
by onizuma at 13:32
onizumaさま⇒ ..
by anken99 at 17:23
こんにちは。 西原理恵..
by onizuma at 12:40
B氏→ おつかれさまで..
by anken99 at 14:10
(^ワ^)ノシ{A氏、お..
by B at 09:06
フォロー中のブログ
おいしいたのしい毎日
毎日飲兵衛
マイリンク
Parkeesさんの読書メーター Parkeesさんの鑑賞メーター
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
検索
ファン
ブログジャンル
日々の出来事
40代
画像一覧