2017.8.22 千葉ロッテVS東北楽天
a0029769_17313697.jpg
火曜日は、いきなり会社を半休して、千葉マリンスタジアムへ。
関東圏での楽天戦も残り少し。
貴重な機会は生かさないと。。。

車で行ったのでビールは飲めず、しかし、試合は楽天が圧勝と、大満足。
藤平のプロ初勝利も見れたことだし、いい一日になりました。
翌日、翌々日は負けたようだが。。。

[PR]
# by anken99 | 2017-08-25 17:34 | スポーツ | Comments(0)
2017年7月に読んだ本
2017年7月に読んだ本は9冊。
ちょっとスローペースだったか。

野球や文春など、気軽に読める本ばかりだったな。
そんななか良かったのは、キングカズの手紙本と、松井5敬遠の関係者ノンフィクション。
いずれも非常に面白かったが、やはりキングカズにしろ、松井にしろ、スーパースターゆえの人物像というのに強く惹かれる。

7月の読書メーター
読んだ本の数:9
読んだページ数:2454
ナイス数:48


世界が土曜の夜の夢なら  ヤンキーと精神分析
世界が土曜の夜の夢なら ヤンキーと精神分析感想
前々から読みたかったヤンキー文化論。さすが話題になっているだけあって面白い。結局、自分も含めた日本人の大部分が、ヤンキー的な趣向を持ち、あるいは理解があり共感があり、結局のところ、広義でのヤンキーに属しているんだろう。ヤンキーなくして、今やマーケティングも成り立たない。40代になった自分が、実はヤンキー的なファクターに支配された人間であることに気付かされた。
読了日:07月04日 著者:斎藤 環

黒い人脈と野球選手
黒い人脈と野球選手感想
この手の本を、最近やけに読んでいるんだが、なかなかに面白い一冊で一気読みであった。それもそのはず、著者は、漫画クロサギの原作者だとか。納得。野球賭博と暴力田関連の話が中心だが、話の精度は高そうな感じ。それだけに実名とまではいかないまでも、もう少しピンポイントなイニシャルトークが欲しいかな?というのが唯一の不満。
読了日:07月05日 著者:夏原 武

サラリーマンの9割は税金を取り戻せる - あらゆる領収書は経費で落とせる【増税対策編】 (中公新書ラクレ)
サラリーマンの9割は税金を取り戻せる - あらゆる領収書は経費で落とせる【増税対策編】 (中公新書ラクレ)感想
タイトルに惹かれて読み始めるも。。。これはちょっと誇大?ほぼ知ってる内容で、節税対策になりそうなものは一つもなかった。残念。
読了日:07月05日 著者:大村 大次郎

Dear KAZU 僕を育てた55通の手紙
Dear KAZU 僕を育てた55通の手紙感想
いやあ。。。いいですね!手紙って、人間性がもろに出ますよ!本書に収載されているのは、カズと、カズに縁深い人たちとの書簡の交流。その内容には、ただただ胸が熱くなるばかりだ。と同時に伝わってくるのは、カズの前向きさ。元気がなくなったときに、また手にしたいようなすてきな一冊に出会えた。
読了日:07月15日 著者:三浦 知良

プロ野球死亡遊戯 さらば昭和のプロ野球
プロ野球死亡遊戯 さらば昭和のプロ野球感想
ほぼ一気読み。人気ブログを抜粋収載したものだが、さすがに面白い。筆者が巨人ファンだから仕方ないが、それでも、もう少し他球団の話も読みたいところ。夢を与えてくれたボウカーのエピソード、ちょっと感動した。
読了日:07月18日 著者:中溝康隆

神奈川のおきて カナガワを楽しむための49のおきて
神奈川のおきて カナガワを楽しむための49のおきて感想
神奈川に住んだことがあるのは1年くらいだが、何しろ仕事でも遊びでも、神奈川には縁深い生活を送っている。ネタの深さはイマイチながら、そういった意味では楽しめた
読了日:07月18日 著者:

甲子園が割れた日―松井秀喜5連続敬遠の真実 (新潮文庫)
甲子園が割れた日―松井秀喜5連続敬遠の真実 (新潮文庫)感想
極上のノンフィクション作品。いまや伝説となった松井の五打席連続敬遠。悪者にされた明徳、そして松井本人も含む関係者へのインタビュー取材は、著者の情熱を感じさせるに足るものである。当事者たちの誰もがあの敬遠を、悲劇的にとらえていないことは、ノンフィクション作品ならではの醍醐味でもある新発見。あとがきにあった、本作の裏テーマ、納得のいく人生を送ること──の指針となりえる一冊だと思う。今年も夏がやって来た。球児たちには、悔いなく勝ちに執着し、1日でも長く夏を味わってほしい。
読了日:07月23日 著者:中村 計

文春砲 スクープはいかにして生まれるのか? (角川新書)
文春砲 スクープはいかにして生まれるのか? (角川新書)感想
文春砲。。。すごいタイトル。なおかつ、文春編集部が角川新書から本を出してしまうという。編集長、デスクらによる、文春解説。ベッキー事件の再現ドキュメントは大変面白かっただけに、LINE入手ルートや方法については、多少は言及してほしかった!
読了日:07月25日 著者:週刊文春編集部

俺だって子供だ! (文春文庫)
俺だって子供だ! (文春文庫)感想
満を持しての再読。我が子がまもなく三才。本書は、クドカンの娘であるかんぱちゃんが三才になるまでの子育てコラムだけあって、自分の体験に照らし合わせると、あるあるが満載。あらためてチェックしたら、前に読んだときは、自分自身はまさか子供が生まれるとは思ってもいなかったころだった。。驚き。楽しく笑える、そんな一冊ですよ!
読了日:07月31日 著者:宮藤 官九郎

読書メーター




[PR]
# by anken99 | 2017-08-04 18:53 | 読書 | Comments(0)
ありがとう。そして、ようこそ。
a0029769_14502408.jpg
10数年乗ってきたbB(右)。
このたび、ついに別れのときがやってきた。
あれやこれや思い出がありすぎて、なんとなく切ないものがある。
でも、楽しく過ごさせてくれたことに感謝。

で、新しい相棒はセレナ(左)。
子供も生まれたことだし、やっぱりスライドドア付きミニバンかと。
よろしくお願いします。




[PR]
# by anken99 | 2017-07-21 14:55 | DIARY | Comments(0)
2017年6月に読んだ本
2017年6月に読んだ本は17冊。
読みに読んだ・・・というか、意識的に読書時間を多く作った感がある。
そんななか、よかったのは、なんといっても『真説 長州力』だろう。
とにもかくにも、面白くてページに引き込まれていく。
あとは千原兄弟本が、愛すべき千原せいじさんのコラムが多数読め、これはこれは幸せであった。



6月の読書メーター
読んだ本の数:17
読んだページ数:4418
ナイス数:150


なぜ時代劇は滅びるのか (新潮新書)
なぜ時代劇は滅びるのか (新潮新書)感想
思えば確かに子供の頃、テレビをつけてチャンネルを回せば、どこかで必ず時代劇が放送されていたものだ。映画の時代からテレビの時代へ、そして時代劇は衰退の一路を進む・・・その様子を検証していくさまは、昭和→平成を生きている自分には、いずれもなんとなくせつない現実であった。最終章のNHK大河ドラマ論も、厳しいながらも適切でうなずける意見が多数。読後感としては、ひさしぶりに、仕事人シリーズなり、水戸黄門が見たくなった。
読了日:06月01日 著者:春日太一

餃子の王将社長射殺事件
餃子の王将社長射殺事件感想
王将の社長が射殺⁉︎当日のニュースを聞いたときには、大きな驚きを覚えたことを記憶している。そして、事件は大きく報道されることもなく、やがて迷宮入り。。。本書を読み、それが企業テロどころかわ、日中、あるいはアジアまで巻き込んだ事件であることを知り、戦慄が走った。思うに、王将の餃子が食べられなくなるのは、非常に困る。そういう意味でも、まずはこの事件の解決を願うばかりである。
読了日:06月05日 著者:一橋 文哉

女性政治家のリアル (イースト新書)
女性政治家のリアル (イースト新書)感想
自分が住んでいる区の選挙で、圧倒的な人気を誇るので、まずは知ってみることからと手にとってみた次第。芸能人時代のイケイケの描写は、あえて避けているのか?それでも動物愛護に子育て問題と、それなりに勉強はしているのだろう。彼女自身の主張はともかくとして、巻末の対談は非常にいい内容で面白かった。世田谷区は、何しろ待機児童問題が熱い。私自身も当事者でもある。彼女の今後の行動に期待したい。
読了日:06月05日 著者:塩村あやか

Tweet&Shout
Tweet&Shout感想
音楽とネットの関係を中心に、政治なども含めて幅広い内容。音楽は、レコードやCDを買う時代から、データを買う時代になり、また、Youtubeや各種SNSによって、ミュージシャンとユーザーが直接つながる時代へと突入した。ビジネスモデルは変わり、また今後さらに急速に変化するだろう。そんななかで「日本では、世界一おいしい水道水がタダで飲めるのに、お金を出してミネラルウオーターを買う人がいる」という言葉には、なるほど~とうなずいてしまった。新しい時代のインデペントに、チャンスはまだ転がっているかもしれない。
読了日:06月08日 著者:津田大介

勝ち抜く力
勝ち抜く力感想
白鵬さん、やはりすごいな。本書を読んで感じたのは、若くして横綱になりながらも、心技体の充実に常に邁進していることへの尊敬の念である。65kgにしか満たない中学生が、モンゴルから異国の地へ。そして夢を信じて勝ち得た地位。これからも益々大記録の数々を打ち立てていただきたい。
読了日:06月12日 著者:白鵬 翔

新・人間コク宝
新・人間コク宝感想
久しぶりに、このシリーズを手にしたが、いやはや面白すぎる!ていうより、危なすぎる!か。出てくる人、出てくる人、皆が破天荒ではちゃめちゃ。なかでも突出しているのが、ミッキー安川にジェリー藤尾か。知られざる生島ヒロシ伝説も必読。ビートきよし、新沼謙治あたりは、逆に妙に味わい深かった。プロインタビュアー吉田豪の本領があますことなく発揮されている。新刊も出ないかな。
読了日:06月13日 著者:吉田 豪

2017プロ野球オール写真選手名鑑 (NSK MOOK)
2017プロ野球オール写真選手名鑑 (NSK MOOK)感想
今年も勉強させてもらってます。とにかく見やすい
読了日:06月14日 著者:

真説・長州力 1951‐2015
真説・長州力 1951‐2015感想
プロレスラーに関する評伝は、これまでに何冊も手にしたが、間違いなく三本の指に入る傑作。プロレスライターではない田崎氏の作品だけに、丁寧に時間をかけて取材しただろうことがうかがえる。長州も、自身の半生をきちんと語っているように思われる。長州にかかわる様々な人たちに実際に会って取材しているだけに、佐々木健介はともかくとして、マサ斉藤が、それを断ったという事実は、あまりにも残念。
読了日:06月18日 著者:田崎 健太

競馬なしでは生きられない! (小学館よしもと新書)
競馬なしでは生きられない! (小学館よしもと新書)感想
一気読み。競馬中継への出演に好感を持ってはいたが、モノホンの競馬愛を感じた。文章も、暑苦しさもなく、意外や読みやすい。馬券術は勉強になった。競馬に救われる人生、そしてこの本のタイトル。他人事とは思えない。
読了日:06月19日 著者:斉藤 慎二

東京どこに住む? 住所格差と人生格差 (朝日新書)
東京どこに住む? 住所格差と人生格差 (朝日新書)感想
東京に住んでいるので、何か参考になるかと思って手にしたが、サクッと読めた。西高東低から東高西低への話、あるいは、職住接近、食住接近なんかで、生き返っている町も多いというのは興味深い。ただ、もう少し突っ込んでというか、「東京どこ住む?」というくらいなら、もう少し広いエリアについて言及するべきじゃないかという感が強かった。
読了日:06月19日 著者:速水健朗

サラリーマン合気道―「流される」から遠くに行ける
サラリーマン合気道―「流される」から遠くに行ける感想
自身が出演するNHKの番組そのままに、時代の“トップランナー”として活躍するヤナイさんの仕事術。ゆるく、そして明るく楽しく。ときに自分をしっかりプロデュースしながらも、前向きに取り組むことが大切。そんなことに、あらためて気づかせてもらった。
読了日:06月20日 著者:箭内 道彦

スポーツジャーナリストで成功する法
スポーツジャーナリストで成功する法感想
久々のハズレ本。どんな内容かと思って楽しみに手に取ったが、基本的に愚痴ばかりの内容。ネガティブな発言ばかりで、最後はどうなるかと思って読んでいったわけだが、正直言って時間の無駄だった。ガッカリ。
読了日:06月20日 著者:小林 信也

広島カープ 最強のベストナイン (光文社新書)
広島カープ 最強のベストナイン (光文社新書)感想
カープファンではないにもかかわらず、非常に楽しく読めた。さすが二宮さん!カープオールタイムベストナインのショートは、当然ヨシヒコさん!なんども聞いた話だけど、大満足なのはファンゆえか。そんなベストナインだが、あえて現役世代の丸と菊池をぶち込んでいるところが興味深い。というか、読んだら大納得するわけだが。。。
読了日:06月22日 著者:二宮 清純

プロ野球&メジャーリーグ解説者名鑑 〜ただいま放送席内の音声のみでお送りしています
プロ野球&メジャーリーグ解説者名鑑 〜ただいま放送席内の音声のみでお送りしています感想
いやいや、この本、面白すぎる!一気読みしてしまった。プロ野球中継には欠かせない、解説者の皆様たちの文字通り「名鑑」。それぞれの名文句、解説の特徴、性格など、面白くまとめられている。特徴のとらえ方も大変適切で、著者のプロ野球愛を強く感じる。本作は2013年発行だが、毎年出してもらってもいいくらいの内容だ。
読了日:06月23日 著者:古矢 徹

幸福な生活 (祥伝社文庫)
幸福な生活 (祥伝社文庫)感想
短編集。しかも、かなり短めなんで、通勤にはぴったり。百田作品は、意外にも初なんだが、これでよかったのか?人間模様の描き方はさすがだが、締めがマジでワンパターン。びっくり。
読了日:06月23日 著者:百田 尚樹

逆襲する山里亮太 これからのお笑いをリードする7人の男たち
逆襲する山里亮太 これからのお笑いをリードする7人の男たち感想
久しぶりの遠田さんの著書。現代お笑いウォッチャーとしては屈指の実力を誇るだけに、目の付け所にしろ、タイトルにしろ、やられた〜という感じ。山里世代というネーミング、そしてカテゴライズは、たしかに納得できるし、5年先、10年先を考えたら意味深い。山里、若林、井上、村本、又吉、西野と読み応えはあったが、個人的にものすごく好きなナイツの塙については、本人に会ったことすらないなかでの考察というのが、かえすがえす残念。頼むから塙インタビューを実現していただきたい。
読了日:06月25日 著者:ラリー遠田

千原Bros
千原Bros感想
千原兄弟がTVBrosにて10年間連載したコラムをまとめたもの。ジュニアの著作は何冊か持っているが、せいじの原稿が読めるのはかなり貴重だ!コラムの節々から滲み出る、せいじの人間力の高さ。そして、息子さんの面白さ加減といったら。。。最高です!
読了日:06月29日 著者:千原兄弟

読書メーター


[PR]
# by anken99 | 2017-07-08 14:23 | 読書 | Comments(0)
飲酒紀行・82杯目「吟冠 喜久泉」
a0029769_12104424.jpg
酒ばかり呑んでいるものの、記録を残すことは、すっかりサボってしまっていた。
反省。

ひさびさの投稿にはなるが、青森の酒「吟冠 喜久泉」。
一言でいうなら、飲みやすい酒である。

で、よくよく調べてみたらビックリ。
有名な「田酒」を造っている蔵元の酒ではないか!
納得。




[PR]
# by anken99 | 2017-06-28 12:16 | | Comments(0)
  

A氏的・日々の感想文
by anken99
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログパーツ
最新のコメント
onizumaさま→ ..
by anken99 at 13:36
こんばんは~。 い..
by onizuma at 19:56
Bさま ⇒ デーブさ..
by anken99 at 18:13
onizumaさま ⇒..
by anken99 at 18:12
(*^ω^*)ノシ{美味..
by B at 15:40
こんにちは。 でーぶっ..
by onizuma at 13:32
onizumaさま⇒ ..
by anken99 at 17:23
こんにちは。 西原理恵..
by onizuma at 12:40
B氏→ おつかれさまで..
by anken99 at 14:10
(^ワ^)ノシ{A氏、お..
by B at 09:06
フォロー中のブログ
おいしいたのしい毎日
毎日飲兵衛
マイリンク
Parkeesさんの読書メーター Parkeesさんの鑑賞メーター
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
検索
ファン
ブログジャンル
日々の出来事
40代