2016年9月に読んだ本
2016年9月に読んだ本の数は8冊。
もう少し読めたような気もするところ。

『プロレス取調室』は、待望の単行本化。
まさに抱腹絶倒!のエピソード連発で、昭和プロレスファンにはたまらない。

あとは、田原×堀江の新書もよかった。
やはり堀江のような人間が、時代を作っていくのだと思う。

これを本と言っていいかわからないが「鉄道塗りつぶしブック」は、かつて「いい旅2000km」に夢中になった世代にはたまらない。
酒を飲みながら、チマチマ塗りつぶしていく喜びたるや。


2016年9月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:1700ページ
ナイス数:45ナイス


やくざと芸能界 (講談社+α文庫)
やくざと芸能界 (講談社+α文庫)感想
一気読み。濃いな〜。この人、芸能界のフィクサーなのか?内容だが、中盤の歴史考はいらないな。エピソードは実に色濃いものばかりだから、そっち関係の内容をもう一つでも二つでも、と、思った。
読了日:9月2日 著者:なべおさみ

7日でできる思考のダイエット (magazinehouse pocket)
7日でできる思考のダイエット (magazinehouse pocket)感想
東京五輪エンブレムに関わる疑惑問題から、一息という感じの時間が経った。しかし、2013年に発刊された本作を、いまこのタイミングで読むのは、あまりにもつらい。全ての言葉が虚構の世界の戯言にしか受け取れない。パクリと模倣とは、やはり全く異なるものだから。。。
読了日:9月11日 著者:佐野研二郎

都道府県別 路線白地図ぬりつぶしBOOK (双葉社スーパームック)
都道府県別 路線白地図ぬりつぶしBOOK (双葉社スーパームック)感想
昭和47年生まれの男子なら、必ずや一度は触れたであろう小学生時代の思い出。スマホもパソコンもポケモンもなかったあの時代、俺たちはバーチャルな世界ではなく、リアルな世界での冒険に夢を馳せた。それが、チャレンジ20000kmだ!国鉄全線に実際に乗り、完全制覇を夢見た俺たちに、いま再び熱い思いを蘇らせてくれる一冊が、2010年代に帰ってきた。本書は、全国鉄道路線図を網羅した白地図。乗った路線、区間に色を塗るだけだ。酒を呑みながら、チビリチビリと赤ペンを走らせる一時。男だから分かる熱い世界ではないだろうか。
読了日:9月11日 著者:

新しい道徳 「いいことをすると気持ちがいい」のはなぜか
新しい道徳 「いいことをすると気持ちがいい」のはなぜか感想
たけしが語る道徳論。学校の授業にもあるけれど、そもそも道徳って一体なんなんだろう。。。?そんなことを考えながら読み進めていく。今の時代がいいのか悪いのか?結局のところ、その時代を生きる人間が作り上げるものが、道徳なんだろう。
読了日:9月15日 著者:北野武

抱腹絶倒!! プロレス取調室 ~昭和レスラー夢のオールスター編~
抱腹絶倒!! プロレス取調室 ~昭和レスラー夢のオールスター編~感想
たまんねえ!それがまず第一声だろう。玉ちゃんと、昭和プロレスを彩った男たちとのトークバトル。はっきり言って尺が短すぎる!いつまでもこの心地よき時間に身を委ねていたくなること必至。次作も期待大です。
読了日:9月19日 著者:玉袋筋太郎

闘う区長 (集英社新書)
闘う区長 (集英社新書)感想
4年前に世田谷区に移り住み、この町の暮らしやすさを感じている今日この頃。本書は、その世田谷区の区長の著書だ。311後に、地方行政の場に飛び込んだ保坂氏の活動は、全国的にも非常に注目を集めている。脱原発は、そのさいたるものだが、新しい電力供給の仕組みなど、大変わかりやすく勉強になった。さまざまな取り組みは一定の成果を上げているが、私自身も2年前に、全国ワースト1位という待機児童問題の当事者になり、地方行政の大切さを目の当たりにしている。保坂氏には、まだまだ新しい地方行政に関して、新風を巻き起こしてほしい。
読了日:9月22日 著者:保坂展人

引きだす力―奉仕型リーダーが才能を伸ばす (NHK出版新書 389)
引きだす力―奉仕型リーダーが才能を伸ばす (NHK出版新書 389)感想
軽く読める本をってことで、積ん読から引っ張り出したのだが・・・。言葉は厳しいけれども、内容がちょっと薄いと感じただけであった。
読了日:9月28日 著者:宮本亜門

(043)もう国家はいらない (ポプラ新書)
(043)もう国家はいらない (ポプラ新書)感想
田原さんと堀江さんによる対談。いまなお時代の寵児として活躍する堀江さんが、「未来」に対する自分の考えと、現代の最先端のあれこれをわかりやすく解説していく。ネット、IT、国家、政治など、大きく根底から変わるのは、そう遠い未来ではないんじゃないかと感じた。それよりも、堀江さんの「未来に対して嘆くことは簡単」という言葉は刺さった。堀江さんも、そして田原さんも、グチグチと悩んで眠れないというようなことはないのだとか。嘆くよりも自分自身が変わること、それが大切なんだというメッセージがしっかり届いた。
読了日:9月30日 著者:田原総一朗,堀江貴文

読書メーター

[PR]
# by anken99 | 2016-10-03 12:33 | 読書 | Comments(0)
OKINAWA sanpo
a0029769_17235653.jpg

少し時間が経ってしまったが、9月に入ってから夏休みを少々。
で、今年は沖縄にでかけてきた。

2歳児をつれての初めての飛行機旅&長期宿泊だったが、なかなかリラックスできた。
天気が悪かったのは残念でしたが、やっぱり沖縄最高ですね。

美ら海水族館にも初めて突入。
ジンベイザメ・・・スゴイですね。
[PR]
# by anken99 | 2016-09-23 17:26 | DIARY | Comments(2)
2016年8月に読んだ本
2016年8月に読んだ本の数は7冊。
少ないなあという実感もあるが、当たりもあるにはあった。

西加奈子『ふる』は、さすが現代をリードする作家の作品という印象。
面白い。

ノンフィクションでは、エンデユアランス号の漂流記が、写真といい、中身といい、すばらしい一冊だった。

ナンバーの表紙には、驚かされましたが・・・。

2016年8月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:1565ページ
ナイス数:50ナイス


ふる (河出文庫)
ふる (河出文庫)感想
主人公である花しす〔かしす〕の過去と現在を交互に進行させつつ、物語は展開していく。アダルトビデオのモザイクかけという主人公の職業には、読み始めには面食らったが、それが壮大なテーマの核にあろうとは!登場人物の多くに好感が持て、なんだかジワリとしてしまうあたりは、西加奈子らしさ全開。優しい気持ちになれました。
読了日:8月4日 著者:西加奈子

冒険訓 「辛坊訓2」
冒険訓 「辛坊訓2」感想
時事問題を分かりやすく解説する、辛坊治郎さんのFlashの連載をまとめたもの。これがまた、なかなかに読み込める。発刊から少し時間が経っていたので、今後はリアルタイムに読みたいと感じた。
読了日:8月8日 著者:辛坊治郎

アイドル処世術 滝川クリステルからモー娘。まで、なめ子の異常な愛情 (コア新書)
アイドル処世術 滝川クリステルからモー娘。まで、なめ子の異常な愛情 (コア新書)感想
すげえ面白い!辛酸なめ子さん、BUBUKA連載の女性有名人評。いずれも粒ぞろいのレベル高さだが、個人的にはSPEED、あゆ、加護ちゃん、辻ちゃんあたりの記述が、見事にツボだった。なめ子さん、実力高し!ほかの著作も読んでみよう。
読了日:8月10日 著者:辛酸なめ子

Number(ナンバー)908・909・910号 甲子園最強打者伝説。 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))
Number(ナンバー)908・909・910号 甲子園最強打者伝説。 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))感想
まず表紙。これは度肝を抜かれた。まさか、ここでこうくるとは。。。清原は甲子園で13本のホームランを打った。そして、その全ての被弾者に対して、丁寧なインタビューがなされる。彼らの誰もにとって、清原はワンオブワン。そして打たれたからこそ、大切な思いを胸に、それぞれが色濃い人生を生きている。一つ下の立浪、片岡のインタビューも秀逸。よくぞ登場してくれたと拍手を送りたい。そして、巻末の編集後記を読み、最後の最後で、またまた自分も胸を熱くした。清原よ、必ずや帰ってこい!
読了日:8月20日 著者:

釜石の夢 被災地でワールドカップを (講談社文庫)
釜石の夢 被災地でワールドカップを (講談社文庫)感想
震災で多大なる被害を受けた、ラグビーの町、釜石を巡る物語。2020東京五輪はさておき、その1年前に、2019ラグビーワールドカップが釜石にやってくる。この本に出てきた全ての人、そして東北の人たちと同じようにして、何らかの形でこの大会を応援したいと感じた。前を向いて歩くことの大切さを教えてくれる一冊だ。
読了日:8月24日 著者:大友信彦

お悩みママのためのおむつはずし成功体験 (小学館文庫)
お悩みママのためのおむつはずし成功体験 (小学館文庫)感想
先日、娘が2歳になった。で、いよいよというか、トイレトレーニングをしなければと思っていた矢先に、BOOKOFFで見つけて即ゲット。発刊は2001年と、いまから15年も前にもかかわらず、内容は新鮮そのもの。ネットに寄せられた、たくさんのママの声をまとめた形式なのだが、やはり時代は変わっても、人間の成長は変わらないというところか。何歳までに・・・?という心配や、どうやったらいいのか?など、これからチャレンジする身にとっては、大変参考になった。それにしても、表紙をあらためて見たら「この本、女性向き」とは。。苦笑
読了日:8月26日 著者:

エンデュアランス号大漂流 (知恵の森文庫)
エンデュアランス号大漂流 (知恵の森文庫)感想
名著『漂流』を、ヤング向けに平易にしたもの?南極大陸を前に、船を喪失し、極寒の地に取り残されたシャクルトン率いる探検隊。絶望の淵にいながらも、シャクルトン以下、男たちは全員が勇敢に前向きに、そんな事態に立ち向かっていく。そして奇跡の生還。シャクルトンというリーダーは、あまりにも素晴らしいリーダーである。男たちもしかり。誇りを失わない彼らの行動は、あまりにもカッコよすぎる。冒険ノンフィクションは大好物だが、間違いなく最高レベルの一冊。数々の写真がまた素晴らしい。写真に映る男たちの表情、絶景、言葉はいらない。
読了日:8月31日 著者:エリザベス・コーディー・キメル

読書メーター

[PR]
# by anken99 | 2016-09-11 12:55 | 読書 | Comments(0)
飲酒紀行・80杯目「黒白波」
a0029769_12263064.jpg
最近は自宅では、麦焼酎のトマト割がメインなのだが、たまには芋も飲みたくなる。
で、定番の「さつま白波」の黒麹版、「黒白波」をチョイスした。

そこまでクセも強くなく、飲みやすいといえば飲みやすい。
まあ、スイスイ呑めてしまうのは危険ですが。

どうでもいいことだが、「黒白波」とキーボードを打っていて、白なのか黒なのか、あるいは白黒なのか、と、頭の中で迷走してしまった・・・。
[PR]
# by anken99 | 2016-08-31 12:30 | | Comments(0)
お盆休み
a0029769_16462527.jpg
今年のお盆休みは、福島に墓参りに出かけてきた。
親戚と一緒になったのだが、子供の頃、夏休みになるとココを訪れて、それこそ何も考えずに、親戚たちと走り回っていた日々を思い出した。
a0029769_16475349.jpg
レンタカーも借りたので、せっかくなので観光も。
磐梯山のスケール、すごいです。
a0029769_1648395.jpg
飯坂温泉にも立ち寄りました。
名物の円盤餃子、ウマし!!
[PR]
# by anken99 | 2016-08-25 16:49 | DIARY | Comments(0)
  

A氏的・日々の感想文
by anken99
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログパーツ
最新のコメント
onizumaさま→ ..
by anken99 at 13:36
こんばんは~。 い..
by onizuma at 19:56
Bさま ⇒ デーブさ..
by anken99 at 18:13
onizumaさま ⇒..
by anken99 at 18:12
(*^ω^*)ノシ{美味..
by B at 15:40
こんにちは。 でーぶっ..
by onizuma at 13:32
onizumaさま⇒ ..
by anken99 at 17:23
こんにちは。 西原理恵..
by onizuma at 12:40
B氏→ おつかれさまで..
by anken99 at 14:10
(^ワ^)ノシ{A氏、お..
by B at 09:06
マイリンク
Parkeesさんの読書メーター Parkeesさんの鑑賞メーター
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
検索
ファン
ブログジャンル
日々の出来事
40代
画像一覧