2016年7月に読んだ本
2016年7月に読んだ本は9冊。
まあまあ読めたほうかなという印象の月だった。

オススメはなんといっても、伊集院静の『いねむり先生』。
男なら、必ずやジワリとくるであろう素晴らしい一冊である。
なんとなく、生きていく上での指標になるような、ときどき手にしたくなるような作品であった。

あとは、ノンフィクション作品の『殺人犯はそこにいる』も、非常にレベルが高い。
さすが清水氏と思わせる一冊で、あっという間に引き込まれてしまった次第。

2016年7月の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:2151ページ
ナイス数:74ナイス


今日も嫌がらせ弁当
今日も嫌がらせ弁当感想
反抗期を迎えた娘との、一方的すぎるメッセージボックス。それが弁当なのである。当初は嫌がらせ!で始めた、創意工夫にあふれたオリジナル弁当。しかし、それは実は、あまりにも愛情にあふれるものなのだ。ちょっと笑える、皮肉なメッセージ満載。でも本当に微笑ましく、うらやましい。そして、プロかと思うくらいの完成度の高さ。間も無く2歳になる娘を持つ父親として、子育て、子供との付き合い方についての大きなヒントをいただけた気がします。
読了日:7月1日 著者:Kaori(ttkk)

親亀の背中: 亀田家一代の真実 (一般書)
親亀の背中: 亀田家一代の真実 (一般書)感想
亀田家の子育て論。当代きっての悪役一家だが、その絆はあまりにも強い。子供のために、脇目もふらずに我が道を行くスタイルだが、だからこそ兄弟三人が世界チャンピオンという金字塔を打ち立てたんだと思う。三男の和毅には、まだまだ大仕事を期待したい。
読了日:7月3日 著者:亀田史郎

歩みだそう。 ウギャルと魚と三陸漁師の泣き笑い
歩みだそう。 ウギャルと魚と三陸漁師の泣き笑い感想
見てくれからして、まさにギャル。で、魚、ウオだからウギャル。仕事とはいえ、漁業や魚食の伝道師となるべく活動する姿には共感。なぜならワタシも、魚食大好き人間だからだ。ママになっている今、さらなる活躍に期待!
読了日:7月7日 著者:Lie

下駄でカラコロ朝がえり ナマコのからえばり (集英社文庫)
下駄でカラコロ朝がえり ナマコのからえばり (集英社文庫)感想
ひさびさのシーナさんコラム本。文春ではなく、サンデー毎日の連載コラムをまとめたものだ。というか、サンデー毎日にも連載があったんだな。しかも、文春と二本同時進行とは、よく書けるなと思う。内容的にはいつもながらだが、シーナさん自身が歳をとったなということを感じ、それと震災発生からのテンションは確実に変化が読み取れた。
読了日:7月8日 著者:椎名誠

置かれた場所で咲きなさい
置かれた場所で咲きなさい感想
金スマ出演時に、かなり気になっていた一冊。キリスト教的観点から語られる生き方の数々。毎日少しずつ読みつつ、安らかな気持ちになれた。清貧という言葉の意味を深く考えさせられる。
読了日:7月14日 著者:渡辺和子

殺人犯はそこにいる (新潮文庫 し 53-2)
殺人犯はそこにいる (新潮文庫 し 53-2)感想
前から読みたかった一冊。桶川ストーカー事件に関する著作が素晴らしかっただけに、大いなる期待を胸に手に取る!本作は北関東での幼女連続誘拐殺人事件にヒューチャーしたものだが、もはやジャーナリストの枠を超えた清水さんの動きは、ただただ尊敬の念を覚えるのみ。桶川とは違い、事件は解決していないからこそ、われわれは考えなければならないことが、たくさんあるはずだと思う。
読了日:7月16日 著者:清水潔

読む野球-9回勝負-No.6 (主婦の友生活シリーズ)
読む野球-9回勝負-No.6 (主婦の友生活シリーズ)感想
時折、購入しているこのシリーズ。特集はアンチ巨人だ。安仁屋、平松、田淵、木俣、山田久志に谷沢、野村弘。。。みんな、巨人がとてつもなく強かったからこそ、闘志を燃やし、光を放った男たちだ。オールドファンにはたまらないエピソード満載で、大変楽しめた。大好きな西本聖のインタビューもたまらない!第二特集は楽天ゴールデンイーグルス。山崎のインタビューがあったりと、こちらも大満足。
読了日:7月23日 著者:

いねむり先生
いねむり先生感想
非常に味わい深い一冊で、まだまだ本の中の世界にいたくなるような気分である。本書は、著者と先生、すなわち色川武大氏との交流を綴った自伝的作品だ。奇妙な師弟関係は、なんとも言えない思いやりにあふれている。こんな生き方、こんな男たちのようななりたいという気持ちが、じんわりと湧いてきた。素晴らしい一冊だ。
読了日:7月24日 著者:伊集院静

勝つ組織 (角川oneテーマ21)
勝つ組織 (角川oneテーマ21)感想
5年間、大学ヨット部の監督をやったことがあるが、何より感じたのは、自分の常識など、いまの学生には一切通じないということ。当時、この本に出会っていれば。。。叶わぬ夢ではあるが、なでしこの佐々木監督も同様のカルチャーショックを受け、そしてここからが私と違うのだが、しっかりとアジャストしていき、そして結果を残したことには、グーの音も出なかった。
読了日:7月24日 著者:佐々木則夫,山本昌邦

読書メーター

[PR]
# by anken99 | 2016-08-16 11:16 | 読書 | Comments(0)
2016年6月に読んだ本
2016年6月に読んだ本は9冊。
いまひとつ読めなかったなという感がある。

安定の池井戸作品は、もはや出張には欠かせない。
『かばん屋の相続』も、しっかり読ませてくれる作品だった。
あと『明日に向かって捨てろ』は、年に1回は手にとるべき一冊。
収集癖のあるアナタにはおすすめです。


2016年6月の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:1924ページ
ナイス数:71ナイス


かばん屋の相続 (文春文庫)
かばん屋の相続 (文春文庫)感想
表題作ほか全6編からなる短編集。勧善懲悪、正義が必ず最後は勝つ!という、いわゆる池井戸作品のお約束とは、少々趣を異にする。主人公はいずれも銀行員。それにしても、まあよくここまでストーリーが次から次に出てくるな、と感心してしまうほどの完成度の高さ。ハズレなしの短編集だった。
読了日:6月5日 著者:池井戸潤

幸福論 (PHP新書 945)
幸福論 (PHP新書 945)感想
久しぶりにこの人の本を読んでみたんだが、やっぱりなんか無理しているというか、作っているというか、なんだか息苦しくなるような違和感を感じる。がんばって最後まで、とりあえず読んだという感じだが、自分の価値観のなかでだけ生きているようで、どうも私にはしっくりこない。
読了日:6月7日 著者:クルム伊達公子

明日に向かって捨てろ!!
明日に向かって捨てろ!!感想
無性に読みたくなって、本棚から引っ張り出し出してきた。二度と手にすることのない本、二度と着ることのない洋服、二度とプレイすることのないゲーム。。。それでも捨てられないのは、男のサガ。家庭内で、そういったモノたちの処分を求められているとき、BOSE氏のライフスタイルに連体感を求めてしまうのだ。ということで、本書も再び本棚へ。
読了日:6月19日 著者:BOSE(スチャダラパー)

真・政治力 (ワニブックスPLUS新書)
真・政治力 (ワニブックスPLUS新書)感想
少し前の著作だが、内容は面白い。とにかく平易な言葉を使い、わかりやすい記述が印象に残る。額面通りに受け取るかは別にして、実は非常にリベラルな考えの持ち主であるように感じた。
読了日:6月22日 著者:石破茂

投手論 (PHP新書)
投手論 (PHP新書)感想
日本ハム吉井コーチの著作。現役時代からやんちゃなイメージが強かったが、近年は大学院に進学したようだし、本来は頭脳派なんだろうな。本書の記述もわかりやすく、非常に読みやすい。揉め事を起こしても、再び日本ハムから復帰を熱望されるあたり、指導力も高いんだろう。佐藤義則コーチと同じタイプか?現役時代のエピソードの数々も面白かった。
読了日:6月24日 著者:吉井理人

田原総一朗 : 元祖テレビディレクター、炎上の歴史 (文藝別冊)
田原総一朗 : 元祖テレビディレクター、炎上の歴史 (文藝別冊)感想
田原さんを巡る全てというニュアンスのムック本。過去、現代の様々な田原さん評文、あるいは対談が収載されている。そこから感じ取るのは、常に戦い続けてきた田原さんの人生そのもの。メディア人の1人として、身につまされる思いである。田原さんファンには、たまらない内容の充実ぶりです。
読了日:6月26日 著者:

雑誌の人格
雑誌の人格感想
能町さんが、いろいろな雑誌と、その読者像を分析した、装苑の連載をまとめたもの。読者像の分析力は素晴らしいの一言。軽い気持ちで読めます。
読了日:6月26日 著者:能町みね子

ひるまない (Grazia Books)
ひるまない (Grazia Books)感想
長らく積ん読本だったのだが、読み出したら一時間掛からず読了。女性誌?に連載されていた、安藤優子さんの生き方エッセイをまとめたのが本書。もっと固い内容だと思っていたので意外だった。説教くさくなく、押し付けがましくもないので、非常に読みやすい。そのあたりも人柄なんだろうと思う。
読了日:6月27日 著者:安藤優子

赤ちゃんはなぜ父親に似るのか―育児のサイエンス (NHK出版新書 382)
赤ちゃんはなぜ父親に似るのか―育児のサイエンス (NHK出版新書 382)感想
科学者が書いた育児サイエンス本?と思って読んだら、全く違う内容だった。本書は、これから子供が生まれる父親、そして、子供が2歳前の全ての父親に読んでいただきたい。そんな現代父親たちに贈るハウツー赤ちゃん本。当方、間も無く娘が2歳だが、もっと早く読むべきだったと後悔するくらいの良書である。
読了日:6月28日 著者:竹内薫

読書メーター

[PR]
# by anken99 | 2016-07-05 15:24 | 読書 | Comments(0)
2016.6.19 横浜VS楽天
a0029769_1816066.jpg
すこし時間が経ってしまったが、先週の日曜日は、横浜スタジアムに出動。
交流戦をマークしてなかったうえ、当日はハマのユニフォーム配布デーとあって、チケットが手にはいらず、かなりアセった次第。
なんとかヤフオクでGETし、ことなきを得ましたが。

それにしても、まさかのVS横浜戦3タテ!
かなりうれしいですね!
自分にとっても、ひさびさの観戦日の楽天勝利と相成りました。
a0029769_18184411.jpg
そして、「初オコエ」です!
前回は2軍に落ちていたので。

この日はノーヒットでしたが、華がありますね~。
楽天ファンの希望の星です!
[PR]
# by anken99 | 2016-06-27 18:20 | スポーツ | Comments(0)
デーブ大久保さんの店
a0029769_18483169.jpg
先々週の土曜日に、TBS「バースデイ」を見て、前楽天イーグルス監督デーブ大久保氏が、新橋で飲食店を開業した情報を入手。
夜のみの営業と思いながらも、先週の木曜日、とりあえず昼休みに調査に行ってみた。
するとやっているではないか!
その名も「肉蔵でーぶ」。
a0029769_1850289.jpg
さっそくラーメンを発注。
ちぢれ麺が非常にイイ感じ。
チャーシュー、メンマも大量に入っており、麺そのものの量としても、1.5~2倍程度のボリューム。
さすがデーブさん!

麺を堪能していると、デーブさん本人が登場。
握手をしてくれ、気さくにお話してくれる。
退店の際、写真撮影を頼んだところ、わざわざ店の前まで出てきて写真を一緒に撮ってくれた。

ごちそうさま!に対し、ありがとうございました!ではなく、いってらっしゃい!
午後からの仕事に対しても、やる気が出てきてしまう店である。
[PR]
# by anken99 | 2016-06-14 18:54 | 飲食 | Comments(4)
2016年5月に読んだ本
2016年5月に読んだ本は、11冊。
まあ、ボチボチというところか。

カラテカ入江の『後輩力』は、おもわぬ良書。
拾い物だった。
伊集院さんの『のはなしし』も、相変わらずのクオリティーの高さ。
次作を願ってやまない。
あとは『あ・うん』ですね。
向田作品の世界、味わい深いものがある。

2016年5月の読書メーター
読んだ本の数:11冊
読んだページ数:2518ページ
ナイス数:95ナイス


ブスの瞳に恋してる4 「愛してる! 」が10年続く秘密
ブスの瞳に恋してる4 「愛してる! 」が10年続く秘密感想
このシリーズ、久々に続編を読む。本作でも、鈴木おさむ氏の妻、大島美幸に対する愛情があふれまくり。今は念願のご子息も誕生したようだが、ますます幸せを満喫していることだろう。相手に対するちょっとした思いやりを持ちたいと、今さらながら痛感させられた。
読了日:5月7日 著者:鈴木おさむ

金八語録〈2〉
金八語録〈2〉感想
亀梨くんが出ていたシリーズの金八語録。折しも2000年を迎えた時代だけに、初期の頃のシリーズと比べると、扱われるテーマも隔世の感がある。それでも熱を持った言葉たちが、金八の世界にはあふれている。最終回を録画し忘れたことが今さらながら悔やまれる。
読了日:5月9日 著者:小山内美江子

後輩力 凡人の僕が、友だち5000人になれた秘けつ
後輩力 凡人の僕が、友だち5000人になれた秘けつ感想
芸能人本としては、間違いなく名著!しきたり厳しく有無を言わせない、神輿の飲み会に行く前に読み始めたが、まさに金言にあふれまくっている!ペコペコするだけではない、まさに後輩力、大変勉強になりました。
読了日:5月10日 著者:入江慎也

のはなしし
のはなしし感想
毎回ものすごく楽しみに読んでいる「のはなし」シリーズ。第4弾も、かなりレベルの高いエッセイが満載だ。そんななかで、時折ぶち込まれてくる足立区ネタは、著者と同年代の足立区育ちにはたまりません。そして、こちらも時折ぶち込まれてくる、ちょっとイイ話。目が見えない犬の話、亡くなった義弟の話は、ついウルウルと来てしまうはずだ。最後のエッセイでホロリと来た後に、奥付けの名前を見ていて涙腺崩壊。伊集院さん、ありがとう。
読了日:5月13日 著者:伊集院光

神さま、そろそろカープに優勝を! (宝島SUGOI文庫)
神さま、そろそろカープに優勝を! (宝島SUGOI文庫)感想
2013年刊行。近年のカープの分析といった趣。内容が古いのは仕方ないとして、掘り下げ方が甘いという印象。
読了日:5月15日 著者:迫勝則

馬券の現場力
馬券の現場力感想
まず、完全な誤解で清水成駿の著書かと思って購入。実際は巻頭の虎石との対談のみで、あとは成駿軍団の面々による馬券攻略術。意外にも単複を勧めている人が多いのは驚いた
読了日:5月15日 著者:

安倍官邸の正体 (講談社現代新書)
安倍官邸の正体 (講談社現代新書)感想
久しぶりに政治ノンフィクションを読了。批判、中傷ではなく、たんたんと事実を語っていくスタイルで、読みやすく、そしてわかりやすく、面白い。安倍さんについて理解を深めることができたが、それ以上に菅官房長官というキーマンに、大変興味を覚えた。
読了日:5月20日 著者:田崎史郎

Number(ナンバー)902号 日本ダービー 栄光の瞬間。 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))
Number(ナンバー)902号 日本ダービー 栄光の瞬間。 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))感想
ナンバーの競馬特集。当然買いです!ダービーを予想する上で、参考になりました。
読了日:5月21日 著者:

あ・うん (文春文庫)
あ・うん (文春文庫)感想
正反対の人物でありながら、無二の親友。その姿は、あたかも狛犬、すなわち阿吽の一対とは、よく言ったものだ。向田邦子文学の名作は、戦時中の暮らしぶり含めて実に味わい深い。いい本だと思う。
読了日:5月24日 著者:向田邦子

スナックさいばら おんなのけものみち  男とかいらなくね?篇 (単行本)
スナックさいばら おんなのけものみち 男とかいらなくね?篇 (単行本)感想
ついつい読んじゃう、このシリーズ。いやあ、テンション高い!サイバラさんもさることながら、投稿者の皆さんの人生の壮絶っぷりといったら。そして、みんな前向き。チマチマと悩むより、明るく元気に歩いていこうぜ!そんな気分になれること必至の一冊です。
読了日:5月27日 著者:西原理恵子

そら頭はでかいです、世界がすこんと入ります (講談社文庫)
そら頭はでかいです、世界がすこんと入ります (講談社文庫)感想
『きみは赤ちゃん』を読み、親近感を覚えた著者なんだが、とにかく本作は読むのに疲れた。読みにくすぎ。しかし、あとがきを読んで納得。本作は、著者が作家デビューする以前に、鬱々と?ブログに書いていた個人的なつぶやきらしい。次は、最近の作品を読んでみたいと思う。
読了日:5月29日 著者:川上未映子

読書メーター
[PR]
# by anken99 | 2016-06-03 17:07 | 読書 | Comments(0)
  

A氏的・日々の感想文
by anken99
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
最新のコメント
onizumaさま→ ..
by anken99 at 13:36
こんばんは~。 い..
by onizuma at 19:56
Bさま ⇒ デーブさ..
by anken99 at 18:13
onizumaさま ⇒..
by anken99 at 18:12
(*^ω^*)ノシ{美味..
by B at 15:40
こんにちは。 でーぶっ..
by onizuma at 13:32
onizumaさま⇒ ..
by anken99 at 17:23
こんにちは。 西原理恵..
by onizuma at 12:40
B氏→ おつかれさまで..
by anken99 at 14:10
(^ワ^)ノシ{A氏、お..
by B at 09:06
マイリンク
Parkeesさんの読書メーター Parkeesさんの鑑賞メーター
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
検索
ファン
ブログジャンル
日々の出来事
40代
画像一覧