2018年3月に読んだ本
2018年3月に読んだ本は7冊。
低調だったな・・・。
反省。

やくみつるさんの雑学愛本は、ワタシには大変共感する部分が多数。
また何か雑学チックな趣味を始めたくも思う。
キョンキョンの書評は、掲載されていた中から何冊かお気に入りリストに追加。
読みたいと思わせるあたり、本人も相当な読書家だと推察される。
古市氏の著作は初めて読んだが、頭が良い人だと実感した。

3月の読書メーター
読んだ本の数:7
読んだページ数:1294
ナイス数:59


雑学の威力 (小学館新書)
雑学の威力 (小学館新書)感想
すごいですね。もはや雑学愛。ワタクシ自身、やく氏の『トイレットペーパー大全』に触発され、無駄?な収集活動を続けた前歴もあるだけに、大変面白く読めた次第。芸は身を助ける、いやまさに、雑学は身を助ける。。。人生をより楽しむべく、雑学の収集に努めてみたく思う。
読了日:03月11日 著者:やく みつる

プロ野球写真&データ選手名鑑 2018 (NSK MOOK)
プロ野球写真&データ選手名鑑 2018 (NSK MOOK)感想
毎年の恒例行事。今年はポケット版を発見したので、こちらを購入。データ満載、いらない小ネタ笑満載で、開幕前にしっかり勉強できました。
読了日:03月12日 著者:

小田嶋隆のコラム道
小田嶋隆のコラム道感想
この人のコラムは面白いんだが、コラム論?文章論?である本書はイマイチであった。文中にも出てくるが、書かされている?ことを明言しているように、そんなあたりにも原因があるのかもしれない。
読了日:03月14日 著者:小田嶋 隆

銀行仕置人 (双葉文庫)
銀行仕置人 (双葉文庫)感想
舞台は銀行。上役の失敗を押し付けられ、ドロップアウトした行員が主人公。そして巨悪へと立ち向かう。。。まさに池井戸作品の王道中の王道。それでも飽きずに読めてしまうのは、池井戸マジック?日本人が一番好きなストーリー展開なんでしょうね。本作では、臨店、女子の部下と、のちの花咲舞を彷彿とさせる登場人物も。相変わらず楽しめるエンターテインメント作品だった。
読了日:03月19日 著者:池井戸 潤

小泉今日子書評集
小泉今日子書評集感想
昭和47年生まれの自分にとって、キョンキョンはいつだって今だってアイドル。朝ドラの母親役をやろうとも、堂々と恋愛について告白しようとも、それはこれからも変わらないんだと思う。そのキョンキョンの書評集を、ようやく読んだ。毎日新聞で10年間書評委員を務めた実績はダテではない。キョンキョンらしい言葉と感性で書かれた書評に、ついついAmazonのウィッシュリストに登録してしまう本多数。本がいつもそばにあったからというのは、思えば自分も大なり小なり同じである。普段は自分が手に取らないであろう本に出会えたことにも感謝
読了日:03月21日 著者:小泉 今日子

だから日本はズレている (新潮新書 566)
だから日本はズレている (新潮新書 566)感想
現代日本における若手オピニオンリーダーの旗手ともいえる著者。作品を読むのは初めてだったが、文体の読みやすさもさることながら、どこか肩肘の力を抜きつつも冷静な視点は、非常に好感が持てた。日本論というていを取りながら、本書はおじさんに向けた日本若者論とも言えそうな内容。45歳、確実に若者ではなく、おじさんにカテゴライズされそうな自分には、現代若者の生態を知る意味でも勉強になった。巻末の2040年の日本、、、あながちフィクションとは思えない実感がある。
読了日:03月22日 著者:古市 憲寿

「今日の清水君」365 days Kei Freedamn!」
「今日の清水君」365 days Kei Freedamn!」感想
再読。たまあに、ダラダラ読むには最適。清水圭氏が、毎日一枚の自分写真をとり、着てるものを紹介。懐かしさとともに、参考になること多数。やはり、ファッションは面白い。
読了日:03月24日 著者:清水圭

読書メーター




[PR]
# by anken99 | 2018-04-04 16:40 | 読書 | Comments(1)
2018.4.1 千葉ロッテVS東北楽天
a0029769_11071979.jpg
昨日はZOZOマリンスタジアムにて、楽天VSロッテを観戦。
待ちに待った今シーズン開幕。
開幕カード、1勝1敗で迎えた大事な戦いです。

家族と外野で熱烈に応援するも、残念ながら結果は5-4で敗北。
なんとなくテンポが悪く、煮え切らない感じではありました。

とはいえ、星野さんが急逝した今年は特別な年。
まだ3試合終わっただけのことです。
気合いれていきましょ~!
a0029769_11073332.jpg




[PR]
# by anken99 | 2018-04-02 11:07 | スポーツ | Comments(0)
2018年2月に読んだ本
2018年2月に読んだ本は10冊。
ちょっと低調。
でもまあ28日しかなかったし、まあこんなところか。
突然マイブーム再びという感じの角幡唯介氏だが、『漂流』は実に読み応えのある一冊だった。
『探検家40歳の・・・・』も、ワタシ自身と年齢が近いせいか、妙に親近感が湧いて面白く読めた。

2月の読書メーター
読んだ本の数:10
読んだページ数:2162
ナイス数:81


ガチンコ―さらば若乃花
ガチンコ―さらば若乃花感想
世間を大いに沸かせている貴乃花。その兄・若乃花が引退した頃に出た本。数奇な星の下の元に生まれた2人の兄弟のヒストリーは、他の者には分かりえないもの。父親である貴乃花という名前を弟が継ぐという、考えてみればとても厳しい現実。それでも小さな体というハンディをものともせず、あまりにも激しい稽古と努力の賜物で、横綱という地位を手にした若乃花。幼少期から、常に貴乃花を守り続けてきたという側面も見逃せない。だからこそ、現在まで続く兄弟の断絶はあまりにもつらい。若乃花が角界に残っていたら、どうなっているだろう。
読了日:02月04日 著者:武田 頼政

漂流
漂流感想
大変読み応えのある一冊。角幡さんといえば、登山関係の冒険ノンフィクションが多いわけだが、本書のテーマは海。それも“漂流”を体験した沖縄の漁師の足取りを追うノンフィクションだ。漂流時の話を聞こうとしたところ、再び洋上で行方が分からなくなっている事実を知るところから、物語は始まる。関係者への丁寧な取材が伺える内容。海の民とも言っていい佐良浜の漁師たちの往時の話など、登場人物がいずれもエネルギーに満ち溢れており、非常に興味深く読むことができた。島という特殊な環境が、世界感、死生観をも決めてしまうものなのだな。
読了日:02月08日 著者:角幡 唯介

長嶋茂雄物語 かたり取材記
長嶋茂雄物語 かたり取材記感想
ミスター、長嶋茂雄に対する取材を振り返り、その人となりを語る一冊。山田雅人は、人物を取材し、その人物について語る「かたり」という芸を何年も前から手がけているとか。ぜひ一度聴いてみたいものだ。閑話休題。ミスターはやはり、生まれながらにしてミスター。しかし、決して努力することを怠らなかった人物だということがよく分かる。ミスターの魅力満載、やっぱり素晴らしいスーパースターだ。
読了日:02月11日 著者:山田 雅人

イスラム国の正体 (朝日新書)
イスラム国の正体 (朝日新書)感想
2014年の著作なんで、そのあとに政局はずいぶん変化しているが、イスラム国というよりは、現代アラブや中東事情がよくわかる。政治に疎いワタシでも理解できる平易な文章に好感大。
読了日:02月12日 著者:国枝昌樹

一億総ツッコミ時代 (星海社新書)
一億総ツッコミ時代 (星海社新書)感想
一気読み。著者の槙田雄司さんとは、芸人のマキタスポーツの槙田さんである。2012年の作ながら、色褪せることなく読める。そう、SNS全盛のいま、たしかに一億みんながみんな総ツッコミ時代なのである。だからこそ求められるのがボケ、というのは、なんともうなずける話。みんながみんな、ツッコミ的な行動をするのであれば、あえてボケることが、周囲からの需要を得られるという論は、たしかに納得できるものだった。
読了日:02月13日 著者:槙田 雄司

美しく怒れ (角川oneテーマ21)
美しく怒れ (角川oneテーマ21)感想
いや、なかなかに読み応えがある一冊。岡本太郎という人の、一本芯の通った、ぶれない思考に触れることができるはずだ。死してなお評価を高める一方の、稀代の芸術家の世界は凡人には知り得ない世界だろうが、それでもなお誰にでも何かができるんだということが、強烈に伝わってくる一冊。
読了日:02月14日 著者:岡本 太郎

探検家、40歳の事情 (Sports graphic Number books)
探検家、40歳の事情 (Sports graphic Number books)感想
面白い!前作、36歳の憂鬱から4年経っているせいか、あるいは、いまのワタシの年齢に近いせいか、何故だかとんでもない冒険譚すら親しみを覚えてしまうのである。著者もあとがきで述べているように、本作に収載されているエッセイは、旅と旅の間の時間に書かれたものも多い。中でも鎌倉の家探しエピソードや忘れ物の話、そして無賃乗車のエピソードなど、ワタシ自身の実体験もあってか、なんとも楽しい気分になる。それからあるエピソードにあった「◯◯さんはビッグマンだった」という話、なんともビッグマンという言葉の味わいにいたく感動した
読了日:02月16日 著者:角幡 唯介

MEN'S CLUB (メンズクラブ) 2018年 3月号
MEN'S CLUB (メンズクラブ) 2018年 3月号感想
特集に惹かれて購入。ショップガイドは、それなりに充実の内容だった。それにしても、この手のファッション雑誌を買うのって、20年ぶりくらいか。インターネットのなかったあの頃、街に出るか、こういった雑誌を見るかくらいしか、ファッション情報を得られなかったなあと感じ、なんだか懐かしくなってしまった。
読了日:02月20日 著者:

モンベル 7つの決断 アウトドアビジネスの舞台裏 YS002 (ヤマケイ新書)
モンベル 7つの決断 アウトドアビジネスの舞台裏 YS002 (ヤマケイ新書)感想
モンベルのカリスマ創業者である辰野さんの半生記。クライマーという出自から、本物、本質にこだわり抜いたビジネス哲学で、大成功を収めたモンベル。なぜ?がよくわかる一冊である。ありがちな経営者のビジネス本とは一線を画する内容。いや、一線を画する人生だ。こんな経営者の下ど働くことができたらと、単純に感じてしまった。パタゴニアとの決別、Bto Cの直販スタイル、震災での企業としての取り組み、岳人の継承。。。どんなときにもブレない決断力が、企業を成長させていく。何度も読み返したいと思える良い作品だと思う。
読了日:02月20日 著者:辰野 勇

相撲部屋ちゃんこ百景 ---とっておきの話15
相撲部屋ちゃんこ百景 ---とっておきの話15感想
相撲本の中では、かなり異質?新鮮なテーマの本。ちゃんこの紹介やレシピに紙幅を割かず、部屋の歴史や現況、親方ら関係者の話が盛りだくさんなところがGOOD。面白い。不祥事が多発したころに書かれている一冊だが、肩ひじ張らない内容と文脈が、非常に読みやすかった。番外編の震災慰問の話もよかったなあ。
読了日:02月25日 著者:佐藤 祥子

読書メーター





[PR]
# by anken99 | 2018-03-14 12:54 | 読書 | Comments(0)
懸賞日記Vol.45 『iqos オリジナルウエストバッグ』
a0029769_15002888.jpg

久方ぶりのご当選。
iqosのオリジナルウエストバッグ。
造りもよく、防水ファスナーなども搭載している。
しかし、iqos収納が目的なので、なんといっても小さい。
どんなシーンで活用すべきかは、まったくの未知数である。





ほっとフォトコンテスト





[PR]
# by anken99 | 2018-02-20 15:01 | 懸賞 | Comments(0)
2018年1月に読んだ本
2018年1月に読んだ本は12冊。
まあ、そこそこ読めたという実感がある。
特に良かったのは角幡唯介氏の著作。
次は「探検家40歳・・・」も読んでみることとしよう。
巨人対中日、伝説の一戦レポートも非常に面白かったし、当たりの多い月ではあった。



1月の読書メーター
読んだ本の数:12
読んだページ数:3156
ナイス数:93


スクープ! 週刊文春エース記者の取材メモ
スクープ! 週刊文春エース記者の取材メモ感想
週刊文春エース記者による、取材裏話。飛鳥のスクープのあれこれ、高倉健の知られざる秘密、そうかと思えばNHKプロデューサーの巨額横領事件のように硬派な話があったり。。。眠る時間すらないだろう週刊誌記者の日々は、想像以上であり、絶句するばかり。読みやすく、面白い手記であった。
読了日:01月04日 著者:中村 竜太郎

爆笑問題の日本原論2000
爆笑問題の日本原論2000感想
狂ったように再読中の爆笑問題の原論シリーズ。本書に出てくるのは97年から99年のあれこれである。東電OL事件にはじまり、安室結婚、ダイアナ妃死去、山一倒産、和歌山カレー事件など、懐かしい話題が満載。思えば当時は社会人二年目以降。思い出が蘇る。ブレイクしたての爆笑問題だけに、内容もキレキレだ。
読了日:01月08日 著者:爆笑問題

笑う仕事術 (ワニブックスPLUS新書)
笑う仕事術 (ワニブックスPLUS新書)感想
ガキの使いやあらへんで、で有名なプロデューサー、ガースーこと菅さんの仕事術。一見、笑いやテレビという特殊な環境ならではとも思えたが、その実、常に真摯に仕事に対して取り組む姿勢は大いに参考になるはず。何より、定年を目前に控える中で日テレを退社し、独立してフリーになるという行為は、仕事とは何かを考えさせられた次第。若手社員との接し方など、うならされる箇所も多かった。自分も積極的に取り入れていきたい。
読了日:01月09日 著者:菅 賢治

高倉健インタヴューズ: 日本で唯一の貴重なインタヴュー集 (小学館文庫プレジデントセレクト)
高倉健インタヴューズ: 日本で唯一の貴重なインタヴュー集 (小学館文庫プレジデントセレクト)感想
逝去から二年後に出版された、あまりにも貴重なインタビュー集。著者が18年かけて紡ぎ出された、大変意義深い一作だ。ひとこと。高倉健という人が、なぜここまで我々日本人の心をつかんでやまないかが、必ずわかるはず。ときに、ジーンときてしまうこと多数。本物のスターというのは、この人のようなことを言うのだろう。同じ名前を背負う者として、恥ずかしくないように明日から生きて行こうと心底思うばかり。
読了日:01月11日 著者:野地 秩嘉

探検家、36歳の憂鬱
探検家、36歳の憂鬱感想
気鋭の冒険家?ノンフィクションライター?の珠玉のエッセイ集。過去の思い出を振り返る作品あり、震災にかかわるエッセイあり、あるいはライターとしての他の冒険家取材にまつわるエッセイあり。冒険家でありながら、高い洞察力と感受性、さらには表現力に富んだ氏の作品は、実に読みやすく、冒険という世界に我々を確実に導いてくれる。
読了日:01月14日 著者:角幡 唯介

そして父になる【映画ノベライズ】 (宝島社文庫)
そして父になる【映画ノベライズ】 (宝島社文庫)感想
なんとも味わい深い作品であった。映画のノベライズ作品だが、非常に読みやすく、風景や心情が心に浮かぶ。ある日突然、子供の取り違えという非情な現実を突きつけられた二組の家族。6年という歳月を、ごく普通の親子として過ごしてきただけに、あまりにも残酷な現実。そしてさまざまな葛藤を経て、登場人物たちがみな成長していく━━3歳児を持つ父になった自分自身に置き換えつつ、物語を味わった。家族っていいなと思えてしまう、すてきな物語。映画も見てみたい。
読了日:01月18日 著者:是枝 裕和,佐野 晶

ジョージ・ポットマンの平成史
ジョージ・ポットマンの平成史感想
大当たり!こんな番組、あったとは知らなかったなあ〜。あの「カノッサの屈辱」にも通じる現代文化論。イギリスの教授の目に映る現代日本とは、かくも奇異なものなのかもしれない。ファミコン史と人妻史が、特に傑作。なかなかたまらない作品だった。
読了日:01月18日 著者:ジョージ・ポットマン,高橋弘樹 (日本語版著者),伊藤正宏 (日本語版著者)

ベンツは20万円で買え! ――1/10の値段で買って月100万円貯める法
ベンツは20万円で買え! ――1/10の値段で買って月100万円貯める法感想
掲題の内容は全体の1/5。それとて、車を買ったばかりの自分には、役立てようにも役立てようがなかったが。。。
本書の内容は、与するところに、不動産投資術。安い物件を知恵を出して捜し、それを運用する。こんなにうまくいくもんかな?というのが素直な実感だ。
読了日:01月20日 著者:加藤 ひろゆき

寂しさの力 (新潮新書)
寂しさの力 (新潮新書)感想
人間、なんで生きているのだろうか?そんなことを最後でぶつけてきた一冊。アイドルから歴史上の人物まで、寂しさをキーワードに展開される文脈。なんだろう?この胸の熱さ?結局、誰しもが寂しさを抱えながら生きていることを実感させてくれる一冊だ。
読了日:01月20日 著者:中森 明夫

10・8―巨人vs.中日史上最高の決戦
10・8―巨人vs.中日史上最高の決戦感想
いや、最高!まさに読むリアルエンターテイメント!130試合目までもつれにもつれた、あの伝説のシーズンの記憶が蘇る。ファンなら垂涎もののエピソードの連続!だから野球は面白い。あとがきがまたたまらない。関係者全員のその後は、なんとも味わい深い限り。スポーツノンフィクションの名作に加えるべき一冊だと思う。
読了日:01月24日 著者:鷲田 康

完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込 (角川文庫)
完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込 (角川文庫)感想
書店のキャンペーンコーナーに平積みされていて、何故だか手にとって、そのまま購入。今や人見知り芸人としてすっかり有名なオードリー若林のエッセイ。テーマがテーマだけに仕方ないんだが、まあこじらせている。そんなこじらせていた自分を、現在の自分が振り返るというスタイル。自意識過剰で、わけわからずトンガって。。。10〜20代の俺自身を見るかのようである。ただ、現在の著者が書いている話なので、基本的に前向きな内容。高校生とか大学生が読んだら、きっと得るものは大きいだろう。面白かった。
読了日:01月26日 著者:若林 正恭

善と悪 江夏豊ラストメッセージ (ダ・ヴィンチBOOKS)
善と悪 江夏豊ラストメッセージ (ダ・ヴィンチBOOKS)感想
以前から読みたいと思っていた一冊。たまたま行った図書館で見つけてすぐに借り、一気に読了した。江夏関連本はあれこれ読んできたが、本書の最大の特徴は現在の江夏を直撃したインタビュー本だということにある。輝かしい成績の数々を残しながらも、グラウンドにはなかなか戻れないもどかしさのようなものが、言葉の節々から伝わってくる。不世出のという表現があるが、不世出のピッチャーとは、日本球界には、江夏と金田の二人しかいないと思う。交遊関係、野球観など、昭和のプロ野球ファンにはたまらない内容満載だった。
読了日:01月31日 著者:江夏 豊,松永 多佳倫

読書メーター







第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
# by anken99 | 2018-02-04 16:21 | 読書 | Comments(0)
  

A氏的・日々の感想文
by anken99
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ブログパーツ
最新のコメント
A氏 かなりのご無..
by B at 00:36
onizumaさま→ ..
by anken99 at 13:36
こんばんは~。 い..
by onizuma at 19:56
Bさま ⇒ デーブさ..
by anken99 at 18:13
onizumaさま ⇒..
by anken99 at 18:12
(*^ω^*)ノシ{美味..
by B at 15:40
こんにちは。 でーぶっ..
by onizuma at 13:32
onizumaさま⇒ ..
by anken99 at 17:23
こんにちは。 西原理恵..
by onizuma at 12:40
B氏→ おつかれさまで..
by anken99 at 14:10
フォロー中のブログ
おいしいたのしい毎日
毎日飲兵衛
マイリンク
Parkeesさんの読書メーター Parkeesさんの鑑賞メーター
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
検索
ファン
ブログジャンル
日々の出来事
40代
画像一覧