2018年8月に読んだ本
2018年8月に読んだ本は13冊。
ページ数が多い本も多く、それなりに読んだなという実感あり。

印象に残ったのは、リリーさんの『東京タワー』。
これは、もっと早く読んでおくべきだったと思わせるに足りるだけの作品。
あとはお決まりの『下町ロケット』最新作。
意外にもアタリだったのは、開高健氏の『パニック・裸の王様』で、これは昭和30年代に書かれたとは思えないくらい、今読んでもかなり楽しめる作品だった。おすすめです。


8月の読書メーター
読んだ本の数:13
読んだページ数:3635
ナイス数:169


督促OL 修行日記 (文春文庫)
督促OL 修行日記 (文春文庫)感想
すげえ。。。思わずそんな言葉がこぼれてしまう。新卒でカード会社に入り、督促部署に配属された女子の成長物語。淡々とつづられていくが、その内容はブラック企業そのもの。そんな超ストレスフルな毎日のなかで、着実に成長を遂げていく著者は、あまりにもたくましい。客がいる仕事をする人にとって、絶対に避けられないクレーム処理。多くの人たちにとって、本書は素晴らしい教科書になると思う。
読了日:08月01日 著者:榎本 まみ

下町ロケット ゴースト
下町ロケット ゴースト感想
展開も結末も、全て予想どおりの王道パターン。これが池井戸ファンにはたまらないわけで。。。神谷弁護士、今回もキレキレ。そして本作は、トノさんが裏の主人公。。。次回作もあると思わせる結末は、まあファンには嬉しいなってことで。
読了日:08月06日 著者:池井戸 潤

烈闘生―傷だらけの履歴書 (幻冬舎アウトロー文庫)
烈闘生―傷だらけの履歴書 (幻冬舎アウトロー文庫)感想
台風の夜。自宅書庫からピックアップしたのが、この一冊。96年に単行本が出て、99年に追加インタビューを加えて文庫化したものであるが、間違いなく99年に出たと同時に買った記憶がある。96年は、三銃士が天下を取った頃。そして99年といえば、武藤蝶野はnwoブームの真っ只中であり、橋本は小川との抗争が激化している頃。。。あれから約20年経ったのかというある種の感慨を覚えつつ読み進める三銃士の独白。なんとも心地よい。。。橋本もいなくなってしまった事実、そして時の流れを今更ながら感じつつ、楽しませてもらった一冊だ。
読了日:08月09日 著者:武藤 敬司,橋本 真也,蝶野 正洋

カンブリア宮殿 村上龍×経済人 (日経スペシャル)
カンブリア宮殿 村上龍×経済人 (日経スペシャル)感想
なかなかに読み応えのある一冊。村上龍が聞き手となり、名うての経済人を招くテレ東の人気番組が本になった。初版は2007年だが、内容は全く色あせていない。それぞれのストーリーは、それぞれ魅力的だが、特にジャパネットの高田さん、ヨシダソースの吉田さんの話は大変面白かった。やはり考え方、行動一つで人生は変わる。
読了日:08月09日 著者:村上 龍

ジャニーズと日本 (講談社現代新書)
ジャニーズと日本 (講談社現代新書)感想
ジャニーズの歴史を綴りつつ、考察。スキャンダラスな面は省き、音楽面に限ってのアプローチ。やはり、多くの日本人の共感を得たSMAPは、アイドル、そしてジャニーズの枠すら超えた存在だったのか?さて、本書では、どうしても考察が薄くなっているグループもあるのも事実。思い入れあってのことだろうが、せっかくだからこそ、もっと広く深く読みたかった。
読了日:08月12日 著者:矢野 利裕

少女 (双葉文庫)
少女 (双葉文庫)感想
死に興味を持った2人の女子高生の、それぞれの夏。2人を、それぞれ一人称にしての語りによる展開は、湊さんの定番か。途中、こんがらがってしまったこともあったが。。。笑。最後の締めは、予想だにしない展開。湊さんにしては、いわゆるイヤミス色は比較的薄め。エンタメ作品としては、やはりハイレベルの仕上がりなんじゃなかろうか。
読了日:08月17日 著者:湊 かなえ

モリタクの低糖質ダイエット ぶっちぎりのデブが4カ月で19.9㎏減! (SB新書)
モリタクの低糖質ダイエット ぶっちぎりのデブが4カ月で19.9㎏減! (SB新書)感想
前々から気にはなっていた一冊。一気読み。糖質制限関連の書籍は随分読んでいるが、久々に減量しなければと考えているタイミングだけに、スラスラ頭に入ってきた。ライザップの力とはいえ、モリタクさんの変わりっぷりを写真で目にすれば、圧倒的な説得力がある。やはり、米や麺を抜くのが、絶対的に効果大だと痛感した。
読了日:08月17日 著者:森永 卓郎

南極のペンギン
南極のペンギン感想
酒飲みながら、ホロリとくる。。。健さんが、撮影で訪れた世界各地でのエピソードが絵本に。唐仁原さんの絵がまた非常によい。4歳の子供がもう少し大きくなったときに、是非読ませたい一冊です。
読了日:08月17日 著者:高倉 健

なんでこうなるのッ?!
なんでこうなるのッ?!感想
やっと読めましたよ!で、読み出したら止まらない。エリーさんの破天荒すぎる日々を綴ったエッセイ集。今回もお腹いっぱいに楽しませてくれます。笑えるエピソード満載なんですが、何よりも元気が出ること間違いなし。素晴らしい!クモの話にカレーの話、翡翠の話に飲み屋の話も最高でした。いや、ほんと最高!
読了日:08月23日 著者:大宮 エリー

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~感想
素晴らしかった!なぜ今まで読まなかったんだと後悔するほどである。本書は、リリーさんの母に対する愛情と思いが満載。必ずや、男ならわかるはずだと思う。そう、母親とは、とかく息子への愛情が半端ないのだ。自分自身、母親を昨年失くしたこともある上、自分自身も放蕩息子だっただけに、後半は涙無くして読むことが出来なかった。とにかく男なら是非、それもお母さんが健在なうちに読んでほしい一冊であることは間違いない。
読了日:08月24日 著者:リリー・フランキー

野球小僧の戦後史――国民のスポーツからニッポンが見える
野球小僧の戦後史――国民のスポーツからニッポンが見える感想
たけしが、自分史を野球というキーワードを軸につづる。団塊の世代のたけしにとって、野球は決して欠かせないものだったはず。本書には、少年時代から今に至るまでの野球愛があふれている。他の著作同様に軽妙なトークが聞こえてくるかのようでもあり、一気に読み進めたが、私自身も野球ファンだからこそ面白く読ませてもらった。やはりこの時代の人にとって、長嶋さんは神様なんだなあと痛感。あとは「野球選手だけには、たとえ年下であっても、どうしても『さん付け』の敬称になってしまう」というくだりは、非常に印象的だった。
読了日:08月24日 著者:ビート たけし

言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書)
言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書)感想
話題になっていた本。にしても、冒頭から「最初に断っておくが、これは不愉快な本だ」という記述から始まるのは、ゲッと驚いてしまわざるを得ない。生物として人間を捉え、負の遺伝など、さまざまな事例を紹介。これまで、道徳的に語られなかった、あるいは語ってはならなかっただろう事例を、あれこれ紹介。犯罪者が犯罪者を生むというような統計学的なデータを見てしまうと、なかなか考えさせられる。子供を持った今、ならどうやって生活し、教育を与えていけばいいんだという結論は、結局のところ読者まかせということか・・・。
読了日:08月27日 著者:橘 玲

パニック・裸の王様 (新潮文庫)
パニック・裸の王様 (新潮文庫)感想
四篇を収載した昭和30年代刊行のすばらしき作品。全編を通じて熱に満ち溢れているが、やはりなかでも表題作の裸の王様は、さすが芥川賞受賞作品だけのことはある読み応え。1人の少年を救済する男の心の描写が、生き生きと描かれている。ネズミの異常繁殖と人間社会の現実を絡めたパニック、そして、現代社会の歪みを描写した巨人と玩具も味わい深かった。最後の流亡記は、テーマが秦の始皇帝というのがまた驚かされた。にしても、手に取った一冊が、なんと81刷。名作は時代など関係なく面白いのだということを痛感した。
読了日:08月30日 著者:開高 健

読書メーター





[PR]
# by anken99 | 2018-09-03 13:42 | 読書 | Comments(0)
波乗り日記:2018.8.14
a0029769_13230623.jpg

平成最後の夏も終盤へ突入。
ブログ書くのを忘れてましたが、世間はお盆休みのなか、8/14は会社を休んで海へGO。
ひさびさに友人と出陣しました。

海水浴シーズン、しかもお盆。
海水浴規制が入っているうえ、人が多かった茨城・平井です。
台風残りの波はあったんですが、なんだかトロかった。。。

まあ夏を楽しめればな・・・と思ってた矢先に、板が腕にブチあたって出血。
薬局でキズエイドを買って処置したものの、打撲もあって、けっこう痛く。

パドリングもできない状況でしたが、ようやく最近復調してきました。
今月中にもう1回くらいは行きたいな。。。いや無理か。
仕事が忙しくなってまいりました。。。涙



[PR]
# by anken99 | 2018-08-27 13:28 | 波乗り | Comments(0)
波乗り日記:2018.7.22&7.30
a0029769_12083130.jpg
すっかり夏本番。
7月後半は、積極的に海へ。
まず7.22はこちら、茨城・平井へ。
日曜ってこともありましたが、海水浴客も多し。
それでも、もも程度のゆるい感じのサイズの波が、リハビリにはちょうどよかったです。

a0029769_12083195.jpg
帰りは潮来の道の駅へ。
ここで新鮮野菜を仕入れるのも、毎度のことながら楽しいものです。

a0029769_12083138.jpg
台風通過後の7.30は、平日に代休を取得して出動。
まず最初に向かったとっぷさんては、ご覧のとおりグッチャグチャ。

a0029769_12083171.jpg
次に向かった平井もNO SURF状態。
せっかく早起きしてきたのに・・・。

a0029769_12083139.jpg
ここからロングドライブを敢行。
千葉北・片貝Pは、腰程度のいい感じのブレイクが待ってました。
最初からココにすればよかった。。。
なかなか難しいものですが、リラックスして過ごせた1日になりました。




[PR]
# by anken99 | 2018-08-07 12:17 | 波乗り | Comments(0)
2018年7月に読んだ本
2018年7月に読んだ本は12冊。
先月と同じ数ながら、ページ数は減少。
そんななか、今月印象に残ったのは・・・やっぱり聞き手・水道橋博士、語り・長州力というミラクル本か。
とにかくインタビュー嫌いらしく、博士だから心を開いたってところだろう。
ハカセ本の愛好者としては、たまらない一冊であった。
あとは、「プロ野球二軍監督」も面白かったですね。
それと、「東大から刑務所へ」のぶっとびぶりもすごかった。



7月の読書メーター
読んだ本の数:12
読んだページ数:2715
ナイス数:94


競馬感性の法則 (小学館新書)
競馬感性の法則 (小学館新書)感想
この本を読んでいるときに、飲酒運転で逮捕というニュースが飛び込んでこようとは・・・。頭のよさがよく分かる文章で、非常に読みやすく、興味深く読み進めていたところだっただけに。。。こうなってしまうと、内容そのものが空虚に思えてくる。数々の栄光を打ち立ててきたトップトレーナーだからこそ、これで引退などせずに、必ずや復活して欲しいと願う。罪を償うことは、できるのだから。。。
読了日:07月09日 著者:角居 勝彦

プロ野球 二軍監督--男たちの誇り
プロ野球 二軍監督--男たちの誇り感想
一気読み。プロ野球の2軍で繰り広げられるストーリー。成功か失敗かは紙一重。だからこそ野球は面白い。よき指導者のもとに、よき選手が育つ。水上氏がらみの話は、とくに面白かった。あの中田翔が尊敬しているとは意外だ。一方で、昨今のハングリーな若者の減少話は残念きわまりない。ガツンとやってしまうことはNGだし、怒られたことすらない現代っ子の時代だから仕方ないと登場人物たちも語っている。プロ野球を、今までとは違った視点で見ることができそうな一冊であった。
読了日:07月13日 著者:赤坂 英一

爆笑問題の日本史原論
爆笑問題の日本史原論感想
トイレにて再読。読み終わって奥付を見たら、刊行は2000年。時は静かに流れているものなのだ。さて本書は日本原論ならぬ日本史原論。爆笑問題が語る日本史、これがまた面白い。いま読んでも、テーマがテーマだけに、全然いけます。心に残ったのは、縄文時代が実は1万年も続いていたということ。そう考えると、それからあとは2000年しかないわけだから、そんな短期間のことであれこれジタバタしているに過ぎないというわけ。歴史の中に身を置けば、それは点以下にもならない一瞬なんだと痛感した次第。
読了日:07月15日 著者:爆笑問題

日本史が人物12人でわかる本
日本史が人物12人でわかる本感想
続いて読了。登場人物は、読者アンケートで人気が高かった人物だというが、いい感じでサブキャラばかり。日本史の授業では習わない日本史。勉強になりました。
読了日:07月16日 著者:爆笑問題

私の家は山の向こう―テレサ・テン十年目の真実 (文春文庫)
私の家は山の向こう―テレサ・テン十年目の真実 (文春文庫)感想
オウム取材で知られる有田さんの著作。台湾というセンシティブなエリアに生まれたテレサテンを、この人だから紐解くことができたのか。そのテレサの生涯は、まさに大河ドラマ。これだけ政治的背景に翻弄されていたとは知る由もなかった。テレサの歌声も聴いてみようと思う。
読了日:07月17日 著者:有田 芳生

バカ論 (新潮新書)
バカ論 (新潮新書)感想
いやあ面白い。たけしのバカ語り。まるで目の前で話をしているかのような、軽妙で辛辣なトークが続く。世にあふれるバカを斬り込んでいくさまは、なんとも心地よく、たけしの本領発揮。ただ、本書の最後半にあった、師匠である深見さんとのエピソードは、なんとも格好よく、こうありたいと思わされるばかりだった。本書のテーマからは逸れるが、一番いい話がここにあった。
読了日:07月18日 著者:ビートたけし

この日本で生きる君が知っておくべき「戦後史の学び方」―池上彰教授の東工大講義 日本篇
この日本で生きる君が知っておくべき「戦後史の学び方」―池上彰教授の東工大講義 日本篇感想
池上さんがわかりやすく述べる日本戦後史。学校の近代史、現代史では習わなかったリアル現代史だ。負の歴史を反省してこそ未来があるとの主張は、至極まっとう。若者達にこそ読んでいただきたい一冊。
読了日:07月22日 著者:池上 彰

日本人失格 (集英社新書)
日本人失格 (集英社新書)感想
以前から読みたいと思っていた一冊。で、読み始めたら面白く、一気読み。文中から読み取れる彼の性格からしても、おそらくゴーストなど使わず本人が書いているんだろう。主張はともかくとして、著者の頭の良さがうかがえる一冊。厭世観たっぷりなのと、楽天家を演じている様子はなんだが、行動本位の人物だからこそフォロワーも多いわけで。まだまだだ目が離せない人物である。
読了日:07月23日 著者:田村 淳

東大から刑務所へ (幻冬舎新書)
東大から刑務所へ (幻冬舎新書)感想
ほぼ一気読み。二人の収監囚による、刑務所あるある?振り返りトークは面白すぎる。一方でさすがのホリエモンも、井川さんの前では、どこか影がうすい。108億をカジノで使い込み、それでいていまなお金のある井川さんは、あまりにも別世界の人だという印象。反省もあまり感じられないし。。。何より井川さんの口調が貴族的で、別世界を生きる人だという印象が強かった。本としては非常に面白いです。
読了日:07月25日 著者:堀江 貴文,井川 意高

視聴率ゼロ!: 弱小テレビ局の帯番組『5時に夢中!』の過激で自由な挑戦
視聴率ゼロ!: 弱小テレビ局の帯番組『5時に夢中!』の過激で自由な挑戦感想
出演者にひかれてチャンネルを合わせたMXテレビの『5時に夢中』。キー局ではあり得ない過激な内容は刺激的だった。まあ、平日の5時に、なかなかテレビは見られないんだが。。。そのプロデューサーが語る秘密と仕事論。仕事の進め方、あるいは体育会的な意識に共感を覚えたが、それもそのはず、ワタクシと同じ1972年生まれであった。こだわりを持って取り組むスタイルは、さすがマツコや岩井志麻子、ミッツらを、誰よりも早く発掘してきただけのことはある。バラ色ダンディなど、人気番組を次々送り出す人物の人となりを知ることができた。
読了日:07月27日 著者:大川 貴史

長州力 最後の告白
長州力 最後の告白感想
一気読み。まさかの長州談、聞き手ハカセ。インタビュー嫌いで知られる長州が、ハカセならばと語った一冊。既出案件も多いが、プロレス者であるハカセだからこその長州語録への考察も思慮深く、大変楽しめる。巻末の年表の完成度も高すぎ。そんななか、いよいよ長州も本当の引退を示唆。そんなタイミングだからこそ、味わい尽くすことのできる一冊だ。それにしても、健介に関する話題は皆無。やはり、触れてはならないタブーなのだろうか。。。
読了日:07月28日 著者:長州 力

姫椿 (文春文庫)
姫椿 (文春文庫)感想
浅田次郎氏の短編集。さすが、人の細やかな心を描かせたら一級品である。中でも、男性が主人公のいくつかの作品は、悲哀が感じられるところもあり、自分の身に投影してしまうような、なんとも言えぬ深い味わいがあった。競馬好きで知られる浅田氏だけに、時々、ストーリーや登場人物に競馬を絡めてくるあたりも、競馬ファンにはたまらない。
読了日:07月31日 著者:浅田 次郎

読書メーター





[PR]
# by anken99 | 2018-08-06 16:40 | 読書 | Comments(0)
Camp
a0029769_11470129.jpg

この週末は、成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場へ。
キャンプ自体が久しぶり。
しかも今回は初の子連れ(3歳児)。
どうなることやら・・・。
そんな心配をよそに、天候も予想を大きく外れて回復。
存分に楽しむことができました。
a0029769_11470312.jpg

キャンプ、やはり楽しいですね。
ココは、東京からも近いし、ファミリーも多いので、安心して楽しめそう。
今年はハマりそうな予感がしますね。




[PR]
# by anken99 | 2018-07-09 11:50 | DIARY | Comments(0)
  

A氏的・日々の感想文
by anken99
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログパーツ
最新のコメント
Bさん お元気そうで何..
by anken99 at 19:29
A氏 かなりのご無..
by B at 00:36
onizumaさま→ ..
by anken99 at 13:36
こんばんは~。 い..
by onizuma at 19:56
Bさま ⇒ デーブさ..
by anken99 at 18:13
onizumaさま ⇒..
by anken99 at 18:12
(*^ω^*)ノシ{美味..
by B at 15:40
こんにちは。 でーぶっ..
by onizuma at 13:32
onizumaさま⇒ ..
by anken99 at 17:23
こんにちは。 西原理恵..
by onizuma at 12:40
フォロー中のブログ
おいしいたのしい毎日
毎日飲兵衛
マイリンク
Parkeesさんの読書メーター Parkeesさんの鑑賞メーター
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
検索
ファン
ブログジャンル
日々の出来事
40代