人気ブログランキング |
<   2019年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧
2018年12月に読んだ本
2018年12月に読んだ本は11冊。
このところの数からすると、ちょっと低調に終わってしまった。
『下町ロケット』シリーズ最新作は、さすが納得の読み応え。
果たして次作は出るのだろうか・・・。
あとは、なぜかプロレス関連本にたけし著作、競馬関連など、軽く読めるものが多かった。

ということで、2018年も終了。
年間トータルは140冊。
前年が155冊なので、平均して1ヶ月あたり1冊の減、といったところだ。
まあ、量より質、冊数よりページ数ということで・・・。
2019年もガンガン読んでいくこととしよう。


12月の読書メーター
読んだ本の数:11
読んだページ数:2719
ナイス数:158


やせれば美人 (新潮文庫)
やせれば美人 (新潮文庫)感想
まず本書は、世にあふれるダイエット本とは、全く意を異にする一冊である。「やせれば美人」の愛妻と、ダイエットに取り組む日々。いや、正確にはダイエットについて研究する日々か。健康的なものを含めて、太り過ぎはよくない。自分自身も健診で引っかかりまくりの身としては、身につまされる思いもある。それでも何より、何が本当は大切で重要なのかを考えさせられてしまった。
読了日:12月04日 著者:高橋 秀実

不運と思うな。大人の流儀6 a genuine way of life
不運と思うな。大人の流儀6 a genuine way of life感想
久々に読んでみた大人の流儀シリーズ。いずれのコラムも、実に味わい深い。ただ呑んだくれているばかりの自分に、オイ、いつまでもそんな呑み方をしているんじゃないぞと、戒めてくれるかのよう。カッコいい大人になるための道程は、まだまだ奥深いのである。粋に生きなくては。
読了日:12月10日 著者:伊集院 静

生き返るマンション、死ぬマンション (文春新書)
生き返るマンション、死ぬマンション (文春新書)感想
築8年の中古マンションを購入。かれこれ6年ほど暮らしている自分には、今後のマンション生活を考える上で大変参考になった。耐震偽装マンションを買わされた人たち、若者の居なくなったマンションなど、厳しい実例とともに成功例があることが興味深い。管理組合、そして住民の意識の統一が大切。とはいえ、自分も去年管理組合をやり、無関心ぶりには辟易したわけだが。。。長く暮らせ、価値の落ちないマンションを考えるために、できるだけ早く読んでおきたい一冊だった。
読了日:12月12日 著者:荻原 博子

反省 私たちはなぜ失敗したのか?
反省 私たちはなぜ失敗したのか?感想
少し古い作品だが、前々から一度読みたかった一冊。いわゆる鈴木宗男事件の当事者である二人が、長い勾留生活のあとに、外務省という魑魅魍魎とした組織、ロシア外交、そして政治について語る。二人に通じるのは信念を貫き通すこと。反省というタイトルながら、その熱き思いは伝わってきた。賛否両論あるだろうが、たしかにこういう政治家、こういう官僚が、本当は日本に必要なんだろう。面白かった。
読了日:12月14日 著者:鈴木 宗男/佐藤 優

感動競馬場 本当にあった馬いい話
感動競馬場 本当にあった馬いい話感想
一気読み。競馬にかかわるイイ話が28。なんだろう、ジワリとくる短編ぞろい。単なるギャンブルでもなく、スポーツでもない、何者でもない競馬の魅力がそこにある。じゃなきゃ、自分自身、ここまで継続してないだろうから。。。競馬ってだからやめられない、そんな気持ちになれる一冊。エピソードのテーマが最近のものが多いのもイイ。なんかこのサイトでは批判的な声が多いが、自分はそうは思わなかった。
読了日:12月18日 著者:村上卓史

グアテマラの弟
グアテマラの弟感想
私のマトカ、以来で手にした片桐はいりさんの著作。というか、長いこと積ん読状態だったのを引っ張りだして、いざ読み始める。面白い。本作は、タイトルそのままに、グアテマラにいる彼女の弟や家族との触れ合いを書いた作品。南米だな〜、ラテンだな〜、と思わせるエピソード、そしてジンワリくる交流なんかがあって、ほんわか元気が出てくる作品だ。はいりさんのエッセイ、あいかわらず視点も文章も面白かったです。
読了日:12月19日 著者:片桐 はいり

下町ロケット ヤタガラス
下町ロケット ヤタガラス感想
ドラマと並行して、というより先行しないように読み進めた。ダイダロス&ギアゴーストVS帝国重工&佃製作所の熱き戦いは、ドラマ以上に見せ場十分。今回も胸を熱くし、存分に楽しませてもらった次第。銀行モノも悪くないが、陸王しかり、この下町ロケットシリーズしかり、池井戸さんのモノ作りシリーズは、最高のエンターテイメント作品として心ゆくまで楽しめる。
読了日:12月24日 著者:池井戸 潤

プロレスを見れば世の中がわかる (宝島社新書)
プロレスを見れば世の中がわかる (宝島社新書)感想
予想外の面白さ。思わず一気に読んでしまった。筆者自身が振り返るプロレス史といった内容だが、そこには、プロレスファンにありがちな批判や知ったかぶりは全くなし。全編を通じてプロレス愛にあふれているから、読んでいると実に心地よい。私自身と2歳違いだから、同じ時代のプロレスを過ごしてきた者ならではのグルーブ感すら感じる。良い一冊だ。
読了日:12月25日 著者:プチ 鹿島

舞台 (講談社文庫)
舞台 (講談社文庫)感想
悩める男が主人公ということもあって、感情移入して読むことができた。ニューヨークで文無しになった男が、タフ極まりない状況のなかで、自我の崩壊とも言える成長を遂げてゆく。。。読後の爽快感は間違いなし。何よりも、誰もが何かを演じていることに気づかせてくれ、なんとなく楽になった感じすら覚える。サラバ!にも通じる前向きな物語。やっぱいいな、西加奈子さんは!
読了日:12月26日 著者:西 加奈子

プロレスという生き方 - 平成のリングの主役たち (中公新書ラクレ)
プロレスという生き方 - 平成のリングの主役たち (中公新書ラクレ)感想
またまたプロレス本。サムライTVの女性キャスターによる、プロレス愛あふれる一冊。メジャーのみならずインディーや女子プロレス、レスラーのみならず裏方にも焦点を当てており、この人ならではの人選が光る。こぼれ話も満載で、とても良かった。
読了日:12月30日 著者:三田 佐代子

ビートたけしのオンナ論
ビートたけしのオンナ論感想
年の瀬に一気読み。たけしが語る女性論は、なんとも心地よい。その中で、母上と奥さま、この2人はやはり突き抜けていることがわかる。そんな2人がいたからこそ、天才は天才たりえるのかもしれない。
読了日:12月30日 著者:ビートたけし

読書メーター






by anken99 | 2019-01-08 16:10 | 読書 | Comments(0)
  

A氏的・日々の感想文
by anken99
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログパーツ
最新のコメント
Bさん お元気そうで何..
by anken99 at 19:29
A氏 かなりのご無..
by B at 00:36
onizumaさま→ ..
by anken99 at 13:36
こんばんは~。 い..
by onizuma at 19:56
Bさま ⇒ デーブさ..
by anken99 at 18:13
onizumaさま ⇒..
by anken99 at 18:12
(*^ω^*)ノシ{美味..
by B at 15:40
こんにちは。 でーぶっ..
by onizuma at 13:32
onizumaさま⇒ ..
by anken99 at 17:23
こんにちは。 西原理恵..
by onizuma at 12:40
フォロー中のブログ
おいしいたのしい毎日
毎日飲兵衛
マイリンク
Parkeesさんの読書メーター Parkeesさんの鑑賞メーター
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
検索
ファン
ブログジャンル
日々の出来事
40代
画像一覧